ロドリゴ値千金弾でインテルに競り勝ったマドリーが今季GS初勝利! シャフタール粉砕のボルシアMGが首位浮上《CL》

超ワールドサッカー / 2020年11月4日 7時9分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節、レアル・マドリーvsインテルが3日に行われ、ホームのマドリーが3-2で競り勝った。

グループB首位通過の大本命に挙げられているマドリーだが、シャフタールとの初戦を2-3で落とすと、前節はボルシアMG相手に試合終了間際の連続ゴールで辛くもドローに持ち込む、体たらくで2戦未勝利。今大会初白星を目指す今回の一戦では対抗に挙がるインテルをホームで迎え撃った。直近のウエスカを4-1の快勝で飾ったジダン監督率いるチームは、その一戦から先発3人を変更。新型コロナウイルスで陽性判定が出たミリトンに代わってヴァランが復帰したほか、モドリッチとマルセロに代わってメンディ、クロースが起用された。

一方、2戦連続ドローと今季のCLでも指揮官コンテの欧州での勝負弱さが目立つインテルは、直近のリーグ戦でも格下パルマに2-2のドローに終わっており、開幕からなかなか調子が上がってこない。そのパルマ戦からは5選手を入れ替え、バストーニ、ブロゾビッチ、ビダルらが先発に復帰。主砲ルカクをケガで欠く中、ラウタロ・マルティネスとペリシッチが2トップを務めた。

試合は立ち上がりから比較的オープンな展開となる。開始4分にボックス内でアザールのパスを受けたアセンシオにいきなり決定機も、ここはGKハンダノビッチの好守に遭う。その後もしばらくは力強い入りを見せたホームチームが押し込み、バルベルデらが果敢にボックス付近で足を振っていく。

一方のインテルはボールを握られながらも、持ち味のポジティブトランジションでサイドバック裏のスペースを効果的に突きながらカウンターアタックで応戦。10分にはボックス内へ抜け出したラウタロがGKクルトワを脅かす決定的なシュートを見舞った。

その後は一進一退の攻防が続いた中、ひとつのミスがホームチームの先制点に繋がる。ハーフウェイライン付近でメンディから強く圧力をかけられた古巣対戦のアクラフ・ハキミが、苦し紛れに出したバックパスをベンゼマが抜け目なく奪取。やや遅れてエリア外に飛び出したGKハンダノビッチを冷静にかわして無人のゴールへ流し込んだ。

ハキミの恩返しアシストからベンゼマのCL2試合連続ゴールで先手を奪ったマドリーは、直後の33分にもクロースの正確な左CKをニアで競り勝ったセルヒオ・ラモスが頭で合わせ、DFとしては信じがたいクラブ通算100ゴールという偉大な記録を樹立した。

敵地で2点のビハインドを背負う厳しい展開となったインテルだが、失点直後にリバウンドメンタリティを示す。35分、ボックス手前右でブロゾビッチからパスを受けたバレッラが足裏を使った圧巻のフリックパスをゴール前に流すと、DFヴァランの前に身体を入れたラウタロが冷静にワンタッチで流し込んだ。

このゴールにより、試合は再び緊迫感を帯び始め、球際でのバトルがより強調される展開となる。だが、互いの守備陣の集中力が増したことで、フィニッシュの回数は少なくなっていった。

マドリーの1点リードで迎えた後半も中盤での潰し合いが目立ち、互いになかなか決定機まで持ち込めない。そういった中、マドリーは64分にアザールとアセンシオの両翼を下げてヴィニシウス、ロドリゴの若手ブラジル人コンビを投入した。

しかし、後半先にゴールをこじ開けたのはアウェイのインテルだった。68分、相手の最終ラインが乱れていた中、ビダルが浮き球のパスを前線に送る。これに抜け出したラウタロが左を並走するペリシッチに丁寧なヘディングのパスを繋ぐと、ボックス左でルーカス・バスケスを剥がしたペリシッチの右足のシュートがゴール右隅に決まった。

この同点ゴールで勢いづいたインテルはここから畳みかける攻めを見せる。切り替えの鈍さが目立ち始めたホームチームを相手に得意のカウンターが嵌ると、75分過ぎにラウタロ、ペリシッチにボックス内で決定機が訪れるが、ラウタロのシュートは右ポストを掠め、ペリシッチのシュートもわずかに枠を捉え切れない。

このピンチを何とか凌いだマドリーは80分、途中出場の若手ブラジル人コンビがチームを救う大仕事を果たす。中央でボールを受けたバルベルデが左サイドにドリブルで運びながら背後を狙うヴィニシウスに縦パスを通すと、ヴィニシウスはニアに複数のDFを引っ張ったベンゼマの背後に鋭い折り返しを入れる。ここにフリーで走り込んできたロドリゴがワントラップから豪快な右足のシュートを叩き込んだ。

ジダン采配的中で勝ち越しに成功したマドリーは、インテルの猛攻を今度こそ身体を張った守備と冷静なタイムコントロールで凌ぎ切り、ホームで3-2の勝利。今季CL初白星を挙げた。

一方、競り負けたインテルは今季CL初黒星と共に3戦未勝利でグループステージを折り返すことになった。

また、同日行われたグループB第3節のもう1試合、シャフタールvsボルシアMGは、アウェイのボルシアMGがプレアのハットトリックの活躍などで6-0の圧勝。

今季CL初白星を挙げると共にグループBの首位に浮上している。

レアル・マドリー 3-2 インテル
【レアル・マドリー】
ベンゼマ(前25)
セルヒオ・ラモス(前33)
ロドリゴ(後35)
【インテル】
L・マルティネス(前35)
ペリシッチ(後23)

シャフタール 0-6 ボルシアMG
【ボルシアMG】
プレア(前8)
OG(前17)
プレア(前26)
ベンセバイニ(前44)
シュティンドル(後20)
プレア(後34[PK])

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング