インテル、レアルを抑えGS首位浮上のボルシアMG、指揮官は「多くを成し遂げた」とチームを絶賛

超ワールドサッカー / 2020年11月4日 12時0分

写真:Getty Images

ボルシアMGのマルコ・ローゼ監督は、今季のチャンピオンズリーグ(CL)初勝利を飾ったチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。

ボルシアMGは3日、CLグループB第3節でシャフタールと対戦。第1節インテル戦、第2節レアル・マドリー戦ではいずれも終了間際の失点により2試合連続のドローとなっており、この日はグループステージ初勝利をかけアウェイの地での戦いに臨んだ。

試合はFWアラサン・プレアが8分に先制し幸先の良いスタートを切ると、そこからゴールを量産。プレアのハットトリックもあり、終わってみれば0-6のスコアで大勝となった。

この結果、ボルシアMGはマドリーやインテルなどの強豪クラブを上回り、グループ首位に。試合後のインタビューに応じたローゼ監督は、チームが優れたパフォーマンスを見せたことに対して喜びを語った。

「我々はこの試合ですべてが正しいとは言わないまでも、多くのことを成し遂げられたと思う。選手たちは開始1分から相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪い続けた。試合開始直後は調整が少し必要だったが、相手ディフェンスの後ろに斜めのボールを送るのはとても上手くいったね」

「チームは見事に事前の計画を実践してくれたが、プレアの1点目のような直感的なプレーも試合の一部だ。我々は多くの選手がボックス内にいることで脅威を与えていたし、スペースをうまく利用して美しいゴールをたくさん決めることもできた」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング