母国で先制ゴールのT・アザール、快勝も後半の出来を反省「もっと良いプレーができた」

超ワールドサッカー / 2020年11月5日 13時25分

写真:Getty Images

ドルトムントのベルギー代表MFトルガン・アザールが、クラブ・ブルージュ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ドルトムントは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でクラブ・ブルージュと対戦。トルガン・アザールは14分にゴールを奪い先制すると、18分と32分にアーリング・ハーランドが追加点。後半はゴールを奪えなかったがものの、0-3で勝利を収めた。

チームの先制ゴールを記録したアザールは前半の出来を評価しつつも、後半はもっと良いプレーができたと反省した。

「前半は素晴らしかった。チャンスはたくさんあったと思うけど、3つのゴールを決められた。後半はもっと良いプレーができたと思う。それでも3-0で勝ち、グループで1位になった。こういったことを続けなければいけない」

この試合はベルギーのブルージュで行われ、アザールとしては母国でのゴールとなったが、「もちろんベルギー人として、ここベルギーでゴールを決めるのは良いことだよ。今日も上手くプレーできたことを嬉しく思う」とゴールを喜んだ。

また、守備陣にケガ人が続出しているドルトムントは、この試合ではアクセル・ヴィツェルがマヌエル・アカンジとセンターバックでコンビを組むことに。アザールは急増CBコンビのパフォーマンスを評価し、みんなで協力することが大事だと語った。

「僕たちはみんなで一緒に守る。今日も4バックとGKはとても良かったと思う。マッツ(・フンメルス)はケガしたけど、アクセル(・ヴィツェル)とマヌ(エル・アカンジ)はとてもよくプレーした」

「誰もが助けなければいけないし、チームにためにする。監督はそういったことを愛している」

ドルトムントは24日に、ホームにクラブ・ブルージュを迎えて第4節を戦う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング