【プレミアリーグ第8節プレビュー】シティとリバプールが激突! エバートンvsユナイテッドの好カードも

超ワールドサッカー / 2020年11月6日 18時0分

写真:Getty Images

前節はエバートンとアストン・ビラがともに2敗目を喫し、その隙に5勝目を挙げたリバプールとレスター・シティがトップへ浮上。ここ2節でそのエバートンとアストン・ビラを立て続けに下したサウサンプトンは5位につけ、好調を維持している。また、前節一のビッグマッチとなったマンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルは、オーバメヤンのゴールでアーセナルに軍配。ユナイテッドはここまでわずか2勝と低調なスタートとなった。

それからチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)を挟んで迎える第8節は、昨季2位のマンチェスター・シティと王者リバプールが激突。シティはCLではオリンピアコス戦の快勝で開幕3連勝とし、グループステージ突破に大きく前進したが、リーグ戦ではここまで連勝はなく、この一戦で初の連勝を目指す。一方、今季リーグ戦2度目の3連勝を目指すリバプールは、CLではアタランタにアウェイで5発大勝を収め公式戦5連勝中。その一戦では新戦力のジョタがハットトリックを達成し、リーグ戦でのさらなる活躍が期待が高まった。

今回の舞台となるエティハド・スタジアムでの成績は、シティが3連勝中で合計スコアも11-1と圧倒。リバプール側から見ても、シティ戦はホーム・アウェイ含めここ10試合で1勝しか挙げられておらず、合計26失点で1勝2分け7敗と大きく負け越している現状だ。今回もシティが勝てば、1937年3月以来のリバプール戦ホーム4連勝となる。

今節はエバートンvsユナイテッドの好カードも開催。エバートンは現在2連敗中だが、昨季のユナイテッド戦はホーム・アウェイともに1-1のドローに終わっており、一昨シーズンには本拠地グディソン・パークで4-0と圧勝している。

対するユナイテッドは現状15位に沈んでおり、CLではイスタンブールBBSKに敗れ、スールシャール監督の風当たりは強くなっている。しかしリーグ戦に目を向けると、ことアウェイ戦は6連勝中で、この試合で勝利すれば、1993年の4月から8月にかけて達成したクラブ記録に並ぶことになる。さらにユナイテッドにとってエバートンは、プレミアリーグにおいて最もアウェイで白星を挙げている相手で、3試合の出場停止明けのマルシャルの復帰も追い風に3勝目を狙う。

そのユナイテッドを前節下したアーセナルは、ホームにアストン・ビラを迎え撃つ。EL含めて公式戦3連勝と上昇気流に乗っており、リーグ戦でここまで最小失点を誇る守備陣にダビド・ルイスが復帰。また、攻撃面ではオーバメヤンが日曜開催の試合を得意としており、これまでアプレミアリーグで記録した全56得点のうち62.5%が日曜日に生まれたものだという。なお、今年7月の対戦ではアストン・ビラが勝利しており、1998年以来の2連勝を目指している。

そのほかでは、2位レスターと6位ウォルバーハンプトンの上位対決にも注目。直近のリーグ戦ではアーセナルとリーズ・ユナイテッドを下しているレスターは、ELも含めると公式戦5連勝中と好調だ。ホームでのウルブズ戦は過去23試合で13勝9分け1敗と圧倒しており、最後の黒星は当時チャンピオンシップで対決した2007年5月まで遡る。

◆プレミアリーグ第8節
▽11/6(金)
《26:30》
ブライトン vs バーンリー
《29:00》
サウサンプトン vs ニューカッスル

▽11/7(土)
《21:30》
エバートン vs マンチェスター・ユナイテッド
《24:00》
クリスタル・パレス vs リーズ
《26:30》
チェルシー vs シェフィールド・ユナイテッド
《29:00》
ウェストハム vs フルアム

▽11/8(日)
《21:00》
WBA vs トッテナム
《23:00》
レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン
《25:30》
マンチェスター・シティ vs リバプール
《28:15》
アーセナル vs アストン・ビラ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング