【J1注目プレビュー|第27節:神戸vs湘南】湘南旋風で3連勝なるか、神戸は3連敗ストップを

超ワールドサッカー / 2020年11月15日 11時43分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第27節】
2020年11月15日(日)
14:00キックオフ
ヴィッセル神戸(11位/36pt) vs 湘南ベルマーレ(16位/17pt)
[ノエビアスタジアム神戸]


◆抜け出したい負のスパイラル【ヴィッセル神戸】

ミッドウィークに行われた前節はアウェイでガンバ大阪と対戦。結果は1-0で敗戦となり、これで3連敗を喫することとなった。

三浦淳寛監督就任後は連勝スタートを切ったものの、直近の8試合では1勝1分け6敗と全くいいところなし。この先に控えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のことを考えても、チームとして立て直しが急務となっている。

G大阪戦はターンオーバーを敢行して若手を起用し、1-0で終えたことは評価できる部分もあるが、そのレベルで満足することが許されるチームではない。

チームとして目指すものは、リーグ戦よりACLとなれば、今節も主力を起用しない可能性もある。メンバー編成は不透明だが、何よりも勝利することが重要、9月30日以来勝利のないホームでサポーターに白星を届けたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:飯倉大樹
DF:西大伍、ダンクレー、大﨑玲央、酒井高徳
MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ
FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧
監督:三浦淳寛

◆ここにきて湘南旋風? 神戸も食うか【湘南ベルマーレ】

前節はホームに横浜F・マリノスを迎え、1-0で勝利。シーズン初の連勝を記録した。連敗ばかりのシーズンだったがここ5試合は3勝2分けとチーム状態が大きく改善。結果もついてくるようになった。

横浜FM戦でも前半からハードなプレスをかけて自由にさせないでいると、主導権を握りながらもゴールが奪えず。後半は相手にペースを渡すものの、齊藤未月がCKの流れから今季初ゴールを奪い、勝利を収めた。

チームとしては2試合連続無失点と守備陣が安定。前線からハメに行くハードなプレスも磨きがかかり、チームとしての形ができ、結果が伴うことで自信も手にしているように見える。

今節も難敵・神戸。攻撃の多彩なアイデアもあり、リーグ屈指の爆発力を持っている相手だが、湘南スタイルでしっかりとハメ込めば、3連勝も不可能ではない。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:舘幸希、坂圭祐、田中聡
MF:岡本拓也、金子大毅、石原広教
MF:茨田陽生、齊藤未月
FW:指宿洋史、中川寛斗
監督:浮嶋敏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング