ジエゴ・コスタ、右足に血栓症見つかる

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 15時15分

写真:Getty Images

アトレティコ・マドリーは25日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタの負傷を報告した。

今季のジエゴ・コスタは、筋肉系の問題でここまで公式戦7試合を欠場。21日のラ・リーガ第10節バルセロナ戦で途中投入され、リーグ戦では4試合ぶりの復帰を果たしていた。

しかしながら、25日に行われたチャンピオンズリーグのロコモティフ・モスクワ戦は再びチームから外れていた。

クラブは試合前に、同選手が右足に深部静脈血栓症を患っていることを報告。現在は精密な検査結果を待っている状態のようで、離脱期間などは明らかになっていないが、通常3カ月程度の治療期間を要するという。

なお、今回の問題は以前のケガとは無関係であるとクラブは伝えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング