【名場面】乱闘騒ぎに会長との確執…マラドーナがバルセロナで見せた珠玉のプレー集

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 18時30分

写真:Getty Images

25日、フットボール界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏が亡くなった。

訃報を受けて、ボカ・ジュニアーズやナポリなど、マラドーナ氏の古巣クラブからも追悼の声が寄せられているが、1982年から2年間在籍したバルセロナも例外ではない。



バルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona)も当時のマラドーナ氏の写真を掲載し「バルセロナは、我々のクラブに所属(1982-84)し、世界的にサッカーのアイコンだったディエゴ・アルマンド・マラドーナの逝去に心よりお悔やみを申し上げます。ディエゴ、どうぞ、安らかにお休みください」とツイートで追悼している。

マラドーナ氏は、1982年のスペイン・ワールドカップ終了後に、当時の世界最高額である移籍金760万ドル(当時のレートで約18億円)でボカ・ジュニアーズからバルセロナに加入。

移籍初年度は肝炎にかかり、約3ヵ月の離脱を強いられたものの、スペインの地でもその才能を遺憾なく発揮し、公式戦24試合16ゴールとその能力を示した。

中でもコパ・デル・レイ決勝、サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリーとのエル・クラシコで決めた独走ゴールには、あまりの凄さにマドリーサポーターからのスタンディングオベーションが起きたという。

迎えた1983-84シーズンには、アスレティック・ビルバオ戦で相手からのタックルで足首を骨折。さらに、復帰後のコパ・デル・レイ決勝でビルバオと対峙した際にも、マラドーナは執拗にマークを受け、その怒りから相手選手の顔面をヒザ膝蹴りして、乱闘騒ぎを起こしていた。

結果、マラドーナは3カ月間の出場停止処分を受け、バルセロナのホセ・ルイス・ヌニェス会長との関係が悪化。シーズン終了後にナポリへと移籍することとなった。

マラドーナは在籍2年間で公式戦75試合に出場し47ゴールを記録。問題もあったものの、ピッチの上ではしっかりと結果を残した。最終的には喧嘩別れのような形になったものの、今なおバルセロナのレジェンドの一人として愛されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング