JFA代表ベストイレブンカレンダーもストライカー不足?/六川亨の日本サッカーの歩み

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 18時40分

写真:Getty Images

2020年の日本代表のヨーロッパ遠征は2勝1分け1敗に終わった。コロナが再び猛威を振るいつつあるヨーロッパで、海外組だけとはいえ試合ができたのは僥倖だった。ただ、その内容はというと、攻撃陣に不安を感じたのも事実である。浅野も鈴木も、決めるべきチャンスを決められず、「決定力不足」という課題をクリアすることはできなかった。

“ポスト大迫"探しは急務であるが、このままではベテランの岡崎に再登場してもらわなければならないのだろうか。

国内組では小林と三笘の川崎Fコンビが今シーズンはコンスタントに得点しているものの、国際レベルで通用するかどうか疑問が残るし、三笘はストライカーというよりはサイドアタッカーに近いタイプ。五輪代表でも2トップかシャドーでの起用になるだろう(1トップなら鹿島の上田に期待)。

といったところで、来年の元旦に決勝戦を迎える天皇杯は第100回の記念大会だ。JFA(日本サッカー協会)が創設されたのは1921年のこと。来年9月で創立100周年を迎える。本当なら100周年という節目の年を迎え、様々な記念行事やイベントが開催されるところだが、コロナの終息が見えない現状では自粛もやむをえない。

それでもJFAは、100周年記念企画として「1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー」(2200円・税込)を制作し、11月から販売を開始した。これは「あなたの『ベストイレブン』を教えてください」というアンケートを8月5日から14日まで実施し、7520票の投票により選ばれた11人で構成されたカレンダーである。

ただ、JFA創設年の1921年から今日までの歴代日本代表ベストイレブンと一口に言っても、ベルリン五輪(1936年)でスウェーデンを破ったときの選手のプレーを見たことのあるファンは皆無だろう。1964年の東京五輪でアルゼンチンを倒した日本代表や、1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した時のイレブンを覚えているファン・サポーターも限られているはず。

その結果、選ばれた11人は次のようになった。

1月/三浦知良 2月/川口能活 3月/中田英寿 4月/中村俊輔 5月/小野伸二 6月/中澤佑二 7月/遠藤保仁 8月/長谷部誠 9月/本田圭佑 10月/内田篤人 11月/長友佑都 12月/全員

こちらのイレブンについては、説明も不要だろう。

キング・カズはW杯の出場こそないものの、全盛時は(「現役時代は」というフレーズが使えないため)無類の勝負強さを発揮した。チームが苦境に陥ったとき、なんとかしてくれたのがカズだった。GK川口も勝負強さには定評があったし、4度のW杯出場に加え、ルックスもよかった。

中田ヒデはローマ時代に日本人で初めてセリエA優勝を経験。中村と小野は国内にとどまらずヨーロッパのリーグ戦でも活躍した。中澤と遠藤は海外でのプレー経験こそないが、「ボンバーヘッド」や「コロコロPK」などマネのできない武器を持っていた。

長谷部は類い希なキャプテンシーに加え、いまなおフランクフルトの主軸としてプレーしているし、本田もボタフォゴで現役を続行している。ACミランで成功したとは言えないが、背番号10を託されたことは今後も語り継がれることだろう。内田と長友が両サイドバックを務めた日本代表は、いま思うとなんて贅沢だったのか。ウッチーはケガで現役を引退したが、ユウトにはできるだけ長く現役を続けて欲しい。

正直、妥当なアンケート結果だと思う。11人中6人が中盤の選手で、2人がサイドを上下動して運動量を求められるポジションということからも、海外で通用する日本人の特性を表している。GK川口とCB中澤はポジション的にも必要だし、存在感も際だっていた。

そしてカズである。アンケートに投票した世代が何歳くらいか不明だが、メキシコ五輪の得点王でJSL(日本サッカーリーグ)通算202ゴール、日本代表でも国際Aマッチ75ゴールで最多記録を保持する釜本邦茂氏をベストイレブンに選ぶ世代もけして少なくはないはずだ。

カズと同世代のJリーガーでは、得点王になった福田、ゴン中山、その後は高原、前田、Jリーグ最多得点記録保持者で3年連続得点王の大久保らがいるものの、いずれも代表での活躍・印象という点でキングを凌ぐことはできなかったようだ。

と同時に、このアンケートからも日本はストライカー不足であることがわかるのではないだろうか。

カズに代わるストライカーとしては、冒頭に書いた岡崎くらいしか思いつかないし、ヨーロッパでの活躍という点では岡崎はもちろん、香川もカズより上に来るだろう。しかし香川だと中盤の攻撃的な選手ばかりになりFWがいなくなってしまう。

日本代表はいつの時代も「ストライカー募集中」ということだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング