ルドゴレツ戦1ゴールのウィンクス、チームのパフォーマンスを誇る! 「支配的だった」

超ワールドサッカー / 2020年11月27日 16時45分

写真:Getty Images

トッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクスがブルガリア王者相手のパフォーマンスを誇った。『UEFA.com』が伝えている。

トッテナムは26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節でルドゴレツと対戦。前半のうちにFWカルロス・ヴィニシウスが2ゴールを決めると、後半にもウィンクスや、FWルーカス・モウラが追加点を挙げて、4-0の快勝を収めた。

公式戦3試合ぶりの先発出場を飾り、1ゴールの活躍を披露したウィンクスは試合後、「僕らは彼らに息つく間を与えず、総じてパフォーマンスが支配的だった。それこそ、僕らが試合前から期待した戦いだった」とチームの戦いぶりに満足感を示した。

前回対戦に続いてルドゴレツを破り、グループ首位のアントワープと同勝ち点の9ポイントを積み重ねたトッテナム。ウィンクスは首位突破を争うアントワープの力を認めつつ、ルドゴレツ戦でのパフォーマンスを継続したいと意気込んだ。

「この大会が始まったとき、グループステージ後に(優勝の)チャンスが増えると思っていたからグループステージを勝ち上がりたいと話していた。彼ら(アントワープ)がどれだけ優れているかを示しているから、難しい試合になるだろう。簡単ではないが、今日の試合のように自分たちの力を発揮しなければならない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング