【超WS選定週間ベストイレブン/J1第30節】札幌DF福森晃斗が圧巻の2試合連続FK弾! 4発大勝の鹿島から最多4名

超ワールドサッカー / 2020年11月30日 16時5分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

明治安田生命J1リーグ第30節の6試合が28日から29日にかけて開催された。超WS編集部が各試合から印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。

なお、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程調整の関係で前倒し開催されたベガルタ仙台vsヴィッセル神戸、FC東京vs柏レイソル、川崎フロンターレvs横浜F・マリノスは除外している。

GK朴一圭(サガン鳥栖/3回目)
1失点したものの、逆転弾は許さず。幾度となく決定機を阻止して勝ち点1獲得に一役買った。

DF野上結貴(サンフレッチェ広島/2回目)
セットプレーの流れから札幌ゴールを脅かすと、同点弾に繋がるボール奪取。上下運動を繰り返して2点ビハインドから追い付く広島の力となった。

DF中谷進之介(名古屋グランパス/初)
丸山祐市と連携してゴールに鍵をかける。身体を投げ出したシュートブロックなどで無失点に抑えた。

DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/5回目)
ピンチを未然に防ぐ百戦錬磨のボール奪取能力で防波堤に。試合終盤は攻め込まれる展開が続く中でクリーンシート達成に貢献した。

DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/2回目)
42分には2試合連続となる圧巻の直接FKを沈める。さらに、左CKから宮澤裕樹のゴールをアシストして1得点1アシストの数字を残した。

MFファン・アラーノ(鹿島アントラーズ/3回目)
自身の決定機こそモノにできなかったものの、随所で攻撃にアクセントを加えて全4得点に関与。4発大勝の影の立役者となった。

MF奥埜博亮(セレッソ大阪/3回目)
両チーム最長の13kmオーバーの走行距離で攻守に貢献。サイドハーフに入った中で横浜FCのストロングポイントを消していた。

MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/2回目)
中盤を締めて浦和に自由を与えず。81分にはここぞとばかりにゴール前まで持ち上がり、土居聖真のリターンから試合を決定付けるゴールを挙げた。

MF西澤健太(清水エスパルス/3回目)
得意のプレースキックやクロスからチャンスを演出。積極的なシュートでも湘南ゴールに迫った。

FW上田綺世(鹿島アントラーズ/2回目)
11分にエヴェラウドからのクロスに飛び込んでネットを揺らすと、50分にはパンチ力ある右足ミドルが炸裂。ゴール前で抜群の存在感を放った。

FWエヴェラウド(鹿島アントラーズ/3回目)
鹿島のエースが1ゴール1アシストと躍動。上田の先制点を高速クロスでアシストすると、64分にGK西川周作との一対一を冷静に蹴り込む。さらに、前線で身体を張って4点目の起点となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング