J1王者川崎FがJ3王者秋田に完勝で4年ぶりの決勝進出! 引退の中村憲剛は最後の等々力に《天皇杯》

超ワールドサッカー / 2020年12月27日 15時0分

写真:(C)JFA/PR

天皇杯準決勝、川崎フロンターレvsブラブリッツ秋田が27日に行われ、2-0で川崎Fが勝利した。

この準決勝から参戦のJ1王者・川崎Fと、準々決勝で広島県代表の福山シティFCを下したJ3王者の秋田が激突。互いにそれぞれのリーグでは圧倒的な強さで優勝をかっさらった両チームの対戦は、先に秋田がセットプレーからチャンスを得たものの、地力で勝る川崎Fが徐々に主導権を握っていく。すると8分、J1王者が相手を押し込む中で守田がボックスの外からミドルシュートでGKを強襲。ゴール左下を突く鋭いシュートだったが、リーグ戦わずか18失点のGK田中雄大がさすがのセーブを見せた。

11分には、右サイドの家長からボックス右に走り込む守田に絶妙な浮き球パスが入りビッグチャンスに。シュートも打てた守田だが、選んだのはゴール前への折り返し。これをレアンドロ・ダミアンが受けたが、シュートはDFにブロックされゴールには至らなかった。

その後も7割超えのポゼッションで攻勢を続ける川崎Fが大島のミドルシュートやL・ダミアンのヘディングシュートでゴールに迫る一方、劣勢の秋田はシュートゼロ。34分にも川崎Fはボックス手前の大島の右足アウトサイドを使った巧みなパスから家長がボレーシュートに繋げるなど、ゴールは時間の問題になってきた。

そして迎えた39分、ついに川崎Fがネットを揺らす。ボックス手前の狭いスペースでL・ダミアンから大島と短いパスが繋がると、大島からボックス左の三笘へラストパス。ワンタッチで懐に収めた三笘は冷静にゴール右に流し込んだ。

45分にも田中碧のクロスバー直撃の強烈なシュートが飛び出した川崎F。対して、結局前半はシュートがなかった秋田は後半立ち上がりに、クリアボールが前線の井上に繋がり一気にチャンスとなる。谷口に対応され体勢を崩しながらも、何とか足を伸ばしてこの試合初めてのシュートへ。しかし、GKチョン・ソンリョンに手で弾かれた。

その後、65分過ぎまでに3人入れ替えた秋田に対し、川崎Fも67分に旗手とL・ダミアンを下げて車屋と小林を投入。すると73分に、大島、家長と繋いだボールを最後は小林がシュート。枠に飛んだがGK田中雄大に止められた。

後半も圧倒する川崎Fは、83分に大島が受けたファウルでFKを獲得。ペナルティアークの左という絶好の位置から田中碧が狙ったシュートは、ドライブしながらカーブを描き、ゴール右上の完璧なコースに突き刺さった。

これで大きく勝利に近づいた川崎Fは86分に大島を下げて中村憲剛をピッチへ。今季限りで引退する中村にとってこれが最後の等々力陸上競技場での試合となる。

そして、4分の後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。完勝を収めた川崎Fが4年ぶりの決勝進出を決めた。決勝戦は、同日行われるガンバ大阪vs徳島ヴォルティスの勝者と新年1月1日に行われる。

川崎フロンターレ 2-0 ブラウブリッツ秋田
【川崎F】
三笘薫(前39)
田中碧(後38)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング