新体制で来季に臨む京都、レジスタの庄司悦大ら4選手と契約更新 「"J1昇格"という目標を胸に」

超ワールドサッカー / 2020年12月29日 18時25分

写真:©︎J.LEAGUE

京都サンガF.C.は29日、MF庄司悦大(31)、DF麻田将吾(22)、DF本多勇喜(29)、DF黒木恭平(31)との来季契約更新を発表した。

庄司は2018年7月にベガルタ仙台からレンタルで加わり、シーズン終了後に完全移籍移行。今季もレジスタとして明治安田生命J2リーグ41試合に出場して1得点を記録した。

京都下部組織出身の麻田は2種登録選手としてトップチーム入りを経て、2017年に正式昇格。カマタマーレ讃岐へのレンタルから今季復帰を果たすと、8試合でプレーした。

本多は阪南大学、名古屋グランパスを経て、2016年に完全移籍加入。初年度からレギュラーを張り続け、在籍5年目の今季は28試合に出場した。

黒木は2012年に福岡大学からサガン鳥栖に入団後、複数クラブを渡り歩き、2018年夏から京都でプレー。26試合の出場を果たした。

来季も引き続き京都でプレーする4選手はクラブ公式サイトを通じてそれぞれコメント。曺貴裁新体制となる来季に向け、意気込みを語っている。

◆庄司悦大
「来季も京都サンガF.C.でプレーさせていただくことになりました。今季果たせなかった目標を、来季で達成するために、より一層チームに尽力していきます。応援よろしくお願いします」

◆麻田将吾
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレーさせていただくことになりました。来シーズンは今まで以上に強い覚悟を持ってチームのために全力で頑張ります。よろしくお願いします」

◆本多勇喜
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレー出来ることをとても嬉しく思います。今季達成出来なかった"J1昇格"という目標を胸に刻み、来シーズン、熱い気持ちを持って全身全霊をかけて闘います! 来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」

◆黒木恭平
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレーさせていただく事になりました。今年は改めて沢山の観客のもと、プレー出来ることの有り難さを感じることができました。来シーズンも感謝の気持ちを持って闘います! 引き続き、後押しをよろしくお願いします」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング