松本が横浜FCからFW戸島章を完全移籍で獲得、今季は大宮で3得点

超ワールドサッカー / 2020年12月30日 15時17分

写真:©︎J.LEAGUE

松本山雅FCは30日、横浜FCのFW戸島章(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。

戸島は成立学園高校から2010年にジェフユナイテッド千葉に入団。リーザブチームや藤枝MYFCヘの武者修行を経験。2015年にFC町田ゼルビアへ期限付き移籍すると、2016年に完全移籍。2018年から横浜FCでプレーしていた。

今シーズンは大宮アルディージャへ期限付き移籍。明治安田J2で27試合に出場し3得点を記録していた。

横浜FCでは2シーズンでJ2通算49試合出場9得点、天皇杯で4試合出場3得点だった。

戸島は3クラブを通じてコメントしている。

◆松本山雅FC
「このたび大宮アルディージャより加入することになりました戸島章です!松本山雅FCという素晴らしいチームの一員になれることを大変嬉しく思います!J1昇格のために全力で戦いますので、これからよろしくお願いします!」

◆横浜FC
「横浜FCに関わる全てのみなさん2年間本当にありがとうございました!在籍していた時にJ1昇格という目標を果たせて、すごく誇りに思っています。同じJ1の舞台に立てるように引き続き頑張りますので、これからも応援して頂けたらと思います。本当にありがとうございました!」

◆大宮アルディージャ
「このたび、大宮アルディージャを離れることになりました。地元のクラブでプレーできた喜びと、チームを昇格させることができなかった悔しさの両方がありますが、大宮アルディージャに関わる全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。一年という短い間ではありましたが、本当にありがとうございました!」

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング