C大阪が今季全試合出場の奥埜博亮や守護神キム・ジンヒョンら7選手と契約更新!

超ワールドサッカー / 2020年12月31日 15時57分

写真:©︎J.LEAGUE

セレッソ大阪は31日、FW高木俊幸(29)、MF坂元達裕(24)、GKキム・ジンヒョン(33)、MF奥埜博亮(31)、MF喜田陽(20)、FW豊川雄太(26)、FW藤尾翔太(19)と来季の契約を更新したことを発表した。

高木三兄弟の長男である高木俊幸は2018年に加入。今季は明治安田生命J1リーグ16試合に出場し1ゴールを記録した。

モンテディオ山形で昨季プロデビューした坂元は、今季からC大阪にした。2月の大分トリニータとの開幕戦に先発出場し、33試合に出場。2ゴールを記録した。

キム・ジンヒョンは2009年の加入から一貫して守護神の座を確保中。今季はリーグ戦全試合でゴールマウスに立った。

奥埜も今季リーグ戦全試合に出場した一人。ベガルタ仙台とV・ファーレン長崎を経て2019年に入団。今季の第15節の北海道コンサドーレ札幌戦ではクラブのJ1リーグ1000ゴール目を記録した。

C大阪の下部組織出身の喜田は、昨季のアビスパ福岡へのローンを経て復帰。9月16日のヴィッセル神戸戦でJ1デビューを果たした。

豊川は今季ベルギーのオイペンから完全移籍で加入。一時試合から遠ざかる時期もあったが、3年ぶりとなる日本でリーグ戦21試合に出場し5ゴールをマークした。

今季の藤尾はU-23での出場がメインとなったが、9月5日の浦和レッズ戦で86分から出場しJ1デビューを果たすと、後半アディショナルタイムにJ1発ゴールを記録。4試合の出場は全て途中出場だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング