東京VがMF山本理仁ら4選手と契約更新を発表

超ワールドサッカー / 2021年1月4日 15時28分

写真:©︎J.LEAGUE

東京ヴェルディは4日、MF山本理仁(19)、DF平智広(30)、FW端戸仁(30)、MF奈良輪雄太(33)との契約更新を発表した。

山本は東京Vのユース出身で、2019年に昇格。2020シーズンは明治安田J2で35試合に出場し1得点を記録していた。

平も東京Vのユース出身で、法政大学、FC町田ゼルビアを経て、2016年に加入。2020シーズンは明治安田J2で41試合に出場し2得点を記録していた。

端戸は横浜F・マリノスのユース出身で、トップチーム昇格後は、ギラヴァンツ北九州や湘南ベルマーレでもプレー。2020シーズンから加入し、明治安田J2で25試合に出場し6得点を記録していた。

奈良輪は横浜FMユース出身で、筑波大学からSAGAWA SHIGA FCを経て、横浜FM、湘南でプレー。2019年から東京Vでプレーし、2020シーズンは明治安田J2で24試合に出場していた。

4選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF山本理仁
「2021シーズンの契約を更新していただくことになりました!ファン、サポーター、ヴェルディに関わる全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、今年こそはJ2を優勝してJ1の舞台へ戻れるように全力で闘いたいと思います!応援よろしくお願いします!」

◆DF平智広
「今シーズンもヴェルディの一員として戦えることを誇りに思います。どんな状況でも変わらずに応援してくれるファン、サポーターの皆さんと、勝利を分かち合える日を心待ちにしています」

「自分の経験や、立ち振る舞いでチームをより良い方向へ導けるように尽力していきます。応援よろしくお願いします」

◆FW端戸仁
「今年もヴェルディでプレーできることを嬉しく思います。僕はこのサッカーの可能性を信じていますし、課題を克服しつつ強くなっていくヴェルディをファンサポーターの皆さんと作り上げたいと思います」

「まだコロナも収束せず大変な状況ですが、僕たちはグラウンドでしか皆さんに元気な姿を見せることはできませんし、今年も全力でプレーすることを約束します。
ぜひ一緒に戦ってください!」

◆MF奈良輪雄太
「2021年も緑のユニホームを着て皆さんと戦えること嬉しく思います。プロになってからヴェルディがもっとも長く所属するクラブになりました。この縁を大切にしクラブに貢献できるよう努力します」

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング