ムサ・シソコ&ソン弾で完勝のトッテナムが6季ぶりの決勝進出を決める!《EFLカップ》

超ワールドサッカー / 2021年1月6日 6時50分

写真:Getty Images

トッテナムは5日、EFLカップ(カラバオ・カップ)準決勝で2部のブレントフォードと対戦し2-0で勝利した。

3日前に行われたリーズ戦を3-0で快勝したトッテナムは、その試合からスタメンを5人変更。ベルフワインやウィンクス、アルデルヴァイレルトらに代えてルーカス・モウラやムサ・シソコ、レギロンらをスタメンで起用した。

ケインを最前線に据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだトッテナムは、ファーストシュートで先制する。12分、左サイドでレギロンの左クロスからムサ・シソコがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。

さらに15分には、ボックス右からカットインしたルーカス・モウラのラストパスをペナルティアーク内のソン・フンミンがダイレクトシュート。しかし、これは相手GKのセーブに阻まれた。

その後は膠着状態が続いた中、トッテナムは40分に決定機。ソン・フンミンの左CKをニアで競り合ったルーカス・モウラが頭で合わせると、相手DFに当たったループ気味のシュートがゴール右を捉えたが、これは相手GKが左手一本で弾き出した。

迎えた後半、テンション高く試合に入ったブレントフォードは49分にチャンス。ボックス右深くから侵入したムベウモがマイナスの折り返しを供給すると、走り込んだトニーがダイレクトシュート。しかし、これはDFのスライディングブロックに阻まれた。

対するトッテナムは60分、敵陣でボールをカットしたムサ・シソコがボックス右からクロスを供給。これをファーサイドのソン・フンミンが右足ボレーで合わせたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。

1点を追うブレントフォードは、直後の63分にゴールネットを揺らす。右CKをファーサイドのピノックが頭で合わせると、GKロリスが左手で弾いたボールを最後はトニーが押し込んだが、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールに。

ピンチを凌いだトッテナムは、70分に追加点を奪う。カウンターの流れからエンドンベレのスルーパスでDFの裏に抜け出したソン・フンミンがゴール前まで持ち上がり、GKとの一対一を確実に決めた。

待望の追加点を奪ったトッテナムは、84分にアクシデント。ダシルバから悪質なタックルを受けたホイビュルクが脛から流血。ダシルバはレッドカードで一発退場となり、ホイビュルクも大事を取ってタンガンガとの交代を余儀なくされた。

数的有利となったトッテナムは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。2-0で勝利を収め、6シーズンぶりの決勝進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング