富山、FW音泉翔眞の完全移籍加入とMF田中佑昌と契約更新を発表

超ワールドサッカー / 2021年1月6日 15時23分

写真:©︎J.LEAGUE

カターレ富山は6日、Y.S.C.C.横浜からFW音泉翔眞(24)が完全移籍加入することを発表した。

2020シーズンに、関東1部リーグの東京23FCから加入した音泉。プロ1年目は明治安田生命J3リーグで32試合に出場し、9月19日に行われた第16節の鹿児島ユナイテッドFC戦でプロ初ゴールを挙げた。

2021年は富山でプレーする決断をした音泉は、公式サイトを通じてJ2昇格への意気込みを語った。また、YS横浜には感謝の言葉を残している。

◆カターレ富山
「カターレ富山の皆さん初めまして音泉翔眞です!Y.S.C.C.横浜から加入する事になりました。今年リーグ優勝をして、J2に昇格する為に来ました。日々のトレーニングから昇格のために全力で闘います。熱い応援よろしくお願いします!」

◆Y.S.C.C.横浜
「この度、カターレ富山に移籍する事になりました。無名の自分を評価してくれて、共に闘わせてくれた監督、クラブに本当に感謝しています。試合で恩返ししたかったですが、なかなか厳しい結果で終わってしまって悔しいです。ですが最高のチームメイト、スタッフ、サポーターとY.S.C.C.らしく1年間闘い抜く事ができ、誇りに思います!1年間ありがとうございました」

なお、富山は同日、MF田中佑昌(34)の契約更新も発表。アビスパ福岡、ジェフユナイテッド千葉、ヴァンフォーレ甲府を経て2020年に富山に入団した田中は、リーグ戦16試合3ゴールを記録。2年目を迎えるにあたって以下のようなコメントを残している。

「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!」

「まずは昨シーズン大変な状況の中、応援して頂いたファン、サポーター、そしてカターレ富 山に支援して頂いたスポンサーのみなさん本当にありがとうございました!昨シーズンはJ2昇格を果たせず悔しい思いで一杯です。今年こそはカターレ富山のJ2昇格を成し遂げられるように選手、スタッフ、ファン、サポーター、富山県に関わる全ての力を合わせて共に闘いましょう!最後にみんなが最高のシーズンと思えるように悔いのないようにしたいと思います。」

「まだまだ日本全土でコロナ感染者が増えている状況です。家族や友人や周りの人達へ感染させない、しない為にも一人一人が感染予防を徹底しましょう!そして最前線で戦ってくださっている医療従事者の皆さん、ありがとうございます!皆さんのおかげで沢山の方達が救われています。医療従事者の皆さんもお体に気をつけて下さい。本当にありがとうございます!」

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング