バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がNWSLドラフト有力候補に

超ワールドサッカー / 2021年1月14日 0時59分

写真:Getty Images

バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカの女子プロサッカーリーグのNWSLのドラフト候補に挙がっていることがわかった。『ESPN』が伝えている。

トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。

そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。

現在、アメリカでは新型コロナウイルスの影響でカレッジサッカーのリーグ戦が今春まで延期となったこともあり、トリニティーはアーリーエントリーでのNWSL入りをすでに決断している模様だ。

なお、現地の予想では現地時間13日に行われるドラフトでは1巡目での指名が有力視されているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング