旅立つ友へ…ドイツ移籍決定の同僚を見送るポグバとバイリーが熱い

超ワールドサッカー / 2021年1月14日 20時30分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが、同僚との別れを惜しんだ。

14日、ユナイテッドのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーのレバークーゼン移籍が発表された。


2014年夏にアヤックスの下部組織からユナイテッドのアカデミーに加入したフォス=メンサーは、2015-16シーズンにファーストチームデビューを果たしたものの、その後はケガもあり出場機会を得られておらず、今季は完全な構想外となりここまで公式戦3試合の出場にとどまっていた。

それでも、チームメイトとの信頼関係は厚く、私服姿でロッカールームを片付けに来ていたフォス=メンサーのもとに、コートジボワール代表DFエリック・バイリーとフランス代表MFポール・ポグバが訪れ、別れを告げていた。

バイリーと熱く抱擁を交わす場面では、フォス=メンサーの目頭が熱くなる瞬間もあったものの、3人で肩を組み、カメラに向かって笑顔を見せる場面もあった。

フォス=メンサーが自身のスナップチャットに投稿した動画は、『ESPN』の公式ツイッターでも公開されており、ファンからは「泣けてくる」「ポグバはいい男」といった感動的な声や、「レバークーゼンでも幸運を祈る」というフォス=メンサーを応援する声も上がっていた。

ユナイテッドは12日に行われたバーンリー戦での勝利で、プレミアリーグで3年4カ月ぶりの首位に立っている。チーム内の雰囲気も良好なようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング