リバプール、逸材CBベン・ホワイト獲得を来夏優先事項に

超ワールドサッカー / 2021年1月15日 0時50分

写真:Getty Images

リバプールが来夏の移籍市場においてブライトンのイングランド人DFベン・ホワイト(23)の獲得を優先事項に設定したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。

今シーズン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、DFジョー・ゴメスの長期離脱によりセンターバックのやり繰りに苦労しているリバプール。だが、今冬の移籍市場では同ポジションの補強を見送る可能性が高くなっている。

ただ、クラブのリクルート部門は元々手薄なセンターバックの補強を考慮しており、来夏に向けて周到な準備を進めているようだ。

『リバプール・エコー』が伝えるところによれば、リバプールは2019年夏辺りから関心が伝えられてきたホワイト獲得を最優先事項としており、今シーズンも定期的にスカウトを派遣して同選手の状態を具にチェックしているという。

ブライトンの下部組織出身のホワイトは昨シーズンにレンタル加入したリーズ・ユナイテッドで台頭。182cmと体格には恵まれていないものの、プレミアリーグのセンターバックでトップレベルのスピードなどアスリート能力が高く、地上戦でも空中戦においても高いデュエルの勝率を記録している。

また、鬼才マルセロ・ビエルサ監督、現指揮官のグラハム・ポッター監督という、2人の智将から攻守両面で多くのことを学んでおり、ビルドアップの質に加え、マンマーク守備、守備的MFやサイドバックでのプレーなど、23歳にして特筆すべき引き出しの多さを見せている。

そして、『リバプール・エコー』は世界屈指のスカッドを誇るリバプールで主力を務めるには多くの部分で改善が必要であると主張しながらも、その伸びしろとチームスタイルに合致したプロフィールを考えれば、クラブにとって有益な補強になると締めくくっている。

ただ、評価額が5000万ポンド(約71億円)とも言われる逸材センターバックにはプレミアリーグのビッグ6がこぞって関心を示しており、熾烈な争奪戦を制する必要がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング