「悪魔のコントロールで、意のままに。」ゲームを支配するプレーメーカーに向けたアディダス『プレデター フリーク』が発表

超ワールドサッカー / 2021年1月19日 21時0分

写真:

アディダスは19日、ゲームを支配するプレーメーカーに向けた『PREDATOR(プレデター)』をアップグレードした『プレデター フリーク(PREDATOR FREAK)』を発表した。

今作のプレデターは、ピッチの上で今まで以上のパフォーマンスを発揮できるように改良され、これから始まる新しいシーズンで、高精度のボールコントロールを武器にプレーの質を上げ、ピッチ上の支配者になりたいと考えるプレーヤーに贈る一足となっている。

前作から採用されているアッパーの突起である「デーモンスキン」はさらに進化。進化したデーモンスキンを広範囲に配置することで、高精度のボールコントロールとさらに強い回転をかけることが可能となっている。

また、履き口も改良。履きやすさとホールド性の向上を目指した2ピース構造。収縮性と圧着性が高い素材を採用して、足とシューズの一体感を高めている。

さらに、「コントロールフレーム」として、スプリット型のアウトソールとトラクションスタッドが、足の自然な動きと足元の安定した動きに貢献する仕様となっている。

『プレデター フリーク』は、ポール・ポグバやダビド・アラバ、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの他、女子選手のトニー・ダガンアビー・ダールケンパーが着用。日本人選手では、日本代表の原口元気や槙野智章、鈴木彩艶、岩渕真奈らが着用する。

原口は「デーモンスキンがついたプレデターは、めちゃくちゃボールが触りやすいです。プレデター フリークでは、デーモンスキンの形状が新しくなって範囲も広がったので、どのような感覚になるのか今から楽しみですね。はやく試合で履いてみたいです」とコメント。槙野は「激しいプレーの中でも、安定した動きをサポートしてくれるフィット感があるのが、プレデターの好きなところです。この新しくなったプレデター フリークで、開幕に向けて良い準備をしていきたいと思います」と着用した印象を語った。

また、イングランドへ旅立った岩渕は「デーモンスキンの範囲が広がることもあり、見た目がかっこいい印象です。プレデターは軽くて、履いている感覚があまりないぐらい足にフィットしています。このスパイクでたくさん点をとり、胸を張ってピッチ上で試合を支配できたと言えるよう、このスパイクと共に海外でも代表でも活躍していきたいです」と語り、新天地での活躍を支えてくれるだろう。

またGKの鈴木彩艶は「デーモンスキンはボールに回転をかけやすいので、精度の高いロングフィードに貢献してくれます。新しくなったプレデター フリークと共に、自分のストロングポイントを発揮して、最後尾から試合をコントロールしていきたいと思います」と語り、最後尾からの攻撃参加に適していると語った。

『プレデター フリーク』は、1月19日(火)18時よりアディダス アプリ、オンラインショップなどで先行発売。27日(水)より一般発売される。






×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング