延長戦2人退場で自滅のローマを破ったスペツィアが番狂わせ起こし8強進出!《コッパ・イタリア》

超ワールドサッカー / 2021年1月20日 8時10分

写真:Getty Images

コッパ・イタリア5回戦、ローマvsスペツィアが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、延長戦までもつれ込んだ一戦を2-4で制したスペツィアが準々決勝進出を決めた。

ナポリが待つ準々決勝進出を懸けてセリエA4位のローマと13位のスペツィアが対峙した一戦。前節、ラツィオとのデルビーで屈辱的な0-3の大敗を喫したローマは、ジェコやスモーリング、ヴェレトゥら一部主力を温存も主力クラスを送り込んでバウンスバックを図った。

試合の入りこそ押し込んだローマだったが、デルビー敗戦のショックを引きずるかのように拙守から続けてゴールを許す。まずは5分、ボックス内でG・マンチーニがマッギオーレを後方から倒してPKを献上。これをガラビノフに決められる。

さらに、15分には自陣深くでクンブラのミスパスを拾われてショートカウンターを浴びると、ガラビノフの丁寧なラストパスをサポナーラが見事な右足のダイレクトシュートで決めた。

格下相手に2点のビハインドを負ったローマはすぐさま反撃を開始。ここから相手を完全に自陣深くに押し込んで波状攻撃を仕掛ける。だが、ペドロやペッレグリーニ、マジョラルと再三の決定機をフイにしてしまう。それでも、前半終了間際の42分にはペッレグリーニがボックス内で倒されて得たPKを自ら決めて点差を1点に縮めて試合を折り返した。

後半も立ち上がりから相手を押し込むが、マジョラルが右サイドを突破したペドロからの再三の決定的なクロスを押し込むことができず、同点ゴールが遠いローマ。69分にはビジャール、スピナッツォーラを下げてヴェレトゥとカルスドルプを同時投入。

そして、直後の73分にはマジョラルとの鮮やかなパス交換でゴール前に抜け出したムヒタリアンが冷静にGKとの一対一を決め切った。残り時間を考えれば、このまま押し切って90分間で逆転まで持ち込むことが予想されたが、追いついて以降は相変わらず相手を仕留めきれず。

すると、再三の決定機を逃し続けて延長戦まで持ち込まれたローマはこの延長戦で再び自滅。延長前半の立ち上がりにマンチーニが不用意なアフターチャージで2枚目の警告を受けて退場に。さらに、直後には裏へのボールに対して飛び出したGKパウ・ロペスがボールに触れず、相手FWピッコリと交錯。このファウルが決定機阻止と判断され、パウ・ロペスが退場となった。

これで一気に9人での戦いを強いられたローマはGKフザートと共にイバニェスをピッチに送り込む、専守防衛でPK戦まで持ち込む戦い方にシフト。何とか延長前半は相手の猛攻に耐え抜いたが、延長後半立ち上がりの107分には古巣対戦のヴェルデにヘディングシュートを叩き込まれて万事休す。その後、試合終了間際にもサポナーラに鮮やかなループシュートを叩き込まれたローマはホームで2-4の惨敗。

格下スペツィア相手に屈辱の敗退となり、デルビーに続く大失態を受けてフォンセカ監督の首がいよいよ怪しくなってきた。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング