FC東京痛恨! FW永井謙佑が開幕アウト、右肩手術で全治2カ月

超ワールドサッカー / 2021年1月20日 13時10分

写真:©︎J.LEAGUE

FC東京は20日、FW永井謙佑の手術を発表した。

クラブの発表によると、永井は肩の可動域が制限されてしまう右肩関節拘縮(みぎかたかんせつこうしゅく)と、それによる腕のしびれなどが出る腋窩神経障害(えきかしんけいしょうがい)と診断されたとのことだ。

永井は8日に千葉県内の病院で手術を受けたとのこと。全治は約2カ月と見られ、新シーズンの開幕は間に合わないこととなる。

永井は2020シーズンは明治安田J1で26試合に出場し4得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場し1得点を記録していた。

2019年のシーズン終盤、12月の第33節浦和レッズ戦で永井は負傷。優勝が懸かる最終節もフル出場を果たしていたが、右肩関節反復性脱臼と診断され手術を受けていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング