ボーンマス加入のウィルシャー「自分が2部でプレーするなんて思ってもみなかった」

超ワールドサッカー / 2021年1月23日 18時28分

写真:Getty Images

先日にボーンマス加入が発表された元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、チャンピオンシップでプレーすることになるとは思っていなかったことを明かした。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。

ウィルシャーは昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降フリーの状態が続いていたが、コンディション維持のため古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたところ、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり今年6月までの短期契約に至った。

ウィルシャーにとっては4年半ぶりの古巣復帰だが、イングランド2部にあたるチャンピオンシップでのプレーは初めて。加入発表から翌日の19日に行われたダービー・カウンティとの一戦がデビュー戦となった。

これまでアーセナルやウェストハム、ボルトンなどに在籍し、プレミアリーグ通算182試合の出場歴を持つ元イングランド代表は、自身のキャリアにおいて2部でプレーするとは夢にも思っていなかったようだ。

「これまでチャンピオンシップでプレーしたことも、昇格プレーオフを戦ったこともなかった。10年前の自分に、いつかこうなると思うかと尋ねても、ノーと答えるだろう」

「だけど、今僕はここにいる。準備も整っているし集中しているよ。ボーンマスの昇格を助けることだけを考えているよ」

ウィルシャーはまた、ウェストハムを退団するに至った理由と、今後のキャリアにおける意気込みを語った。

「僕にはもうプレーするつもりはなかったし、ウェストハムのようなクラブで高額な賃金でそこに居座ってただ腐っていくのは嫌だった。チームを出て、試合をする必要があると感じていたんだ」

「サッカー選手にとって最も重要なことは、自分自身を信じること、自分の能力に自信を持つこと、大きな瞬間を迎えた時に自分の欲求と意欲に自信を持つことだ。そして、選手としての自分を疑ったことは一度もない」

「試合で何かを与えられると今でも感じている。これからの4、5カ月間はチャンピオンシップに向けての戦いになるけど、僕はただ個人としてベストを尽くし、それがチームの目標達成につながるようにしたいと思っていよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング