チェルシー就任間近のトゥヘル、ファーディナンド氏は手腕に期待「彼の就任は興味深い」

超ワールドサッカー / 2021年1月26日 16時20分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、チェルシーへの指揮官就任が目前と報じられるトーマス・トゥヘル氏を評価している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

チェルシーは25日、成績不振を理由にフランク・ランパード監督を解任。今シーズンは大型補強を敢行し、FWティモ・ヴェルナー、MFカイ・ハヴァーツ、DFベン・チルウェルら即戦力を次々に獲得したが、リーグ前半戦終了時点で8勝5分け6敗の9位に沈むなど、結果を出せていなかった。

クラブのレジェンドを解任したチェルシーが、次の指揮官候補として接触しているのがトゥヘル氏だ。昨年末にパリ・サンジェルマン(PSG)を解任されたが、昨シーズンはPSGをクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に導くなど手腕が高く評価されており、既に就任は確実とも報じられている。

かつてPSGの練習場で、トゥヘル氏にインタビューした経験を持つファーディナンド氏も、イギリス『BTスポーツ』でチェルシーの監督人事についてコメント。同氏の手腕に期待を寄せた。

「PSGでインタビューした際、当時彼が指導していたダニ・アウベス、ジャンルイジ・ブッフォンらに、トゥヘルについて聞いてみたんだ。すると、本当に情熱的に語ってくれたよ」

「(当時のPSGは)クラブの雰囲気が最高潮に達していたと思う。それに、トゥヘルはドイツ人だ。カイ・ハヴァーツやティモ・ヴェルナーにまだ火がついていないのを見ているから、彼の就任は興味深いね」

また、ファーディナンド氏は解任の憂き目にあったランパード監督についても言及。古巣での指揮が上手くいかなかった理由について推察している。

「彼がクラブに入ってくることを、誰もが切望していた。最初の年は、移籍禁止処分があってもCL出場権を獲得するなど、目覚ましい成績だったね。その後、彼はお金を手にしてプレッシャーがかかった。現実主義ではなくなってしまったと思う」

「投資して、これだけの選手を獲得すればプレッシャーがかかるのは確かだ。だからといって、全ての選手の活躍は期待できない。これはフランク・ランパードにとって初となる、本当の意味での落ち込みだ。これから数週間の間に、いろいろな話が出てくるだろう」

「ランパードは選手のコンディションを整えるのに苦戦していたと思う。彼はユースの選手たちを起用してチームの基盤を築こうとしていたが、それを持続させることができなかったね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング