美人すぎるフィアンセが話題の元イタリア代表FWペッレが古巣パルマに加入へ

超ワールドサッカー / 2021年2月3日 10時5分

写真:Getty Images

パルマが元イタリア代表FWグラッツィアーノ・ペッレ(35)の獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

ペッレはレッチェの下部組織出身で2003年7月にファーストチーム昇格。その後はカターニャやクロトーネ、チェゼーナへとレンタル移籍。2007年7月にAZへと完全移籍する。

2011年7月にはパルマへと完全移籍。その後、サンプドリア、フェイエノールトへのレンタル移籍を経て、2013年7月に完全移籍。サウサンプトンでのプレーを経て、2016年7月に中国スーパーリーグの山東魯能(現・山東泰山)へと完全移籍していた。

イタリア代表としても20試合に出場し9ゴールを記録したペッレは、ユーロ2016に出場。主軸としてプレーした他、美人すぎる彼女が大きな注目を集めていた。

ペッレは2020シーズン限りで山東泰山を退団し、現在はフリーに。このオフは、話題の彼女との婚約が注目されていた。

中国スーパーリーグで101試合に出場し51ゴール21アシストを記録したペッレだが、3日に古巣でもあるパルマのメディカルチェックを受けるとのことだ。

すでに冬の移籍市場は閉幕しているが、フリーのため移籍が可能となっている。

『カルチョ・メルカート』によれば、契約はシーズン終了までの半年間。現在は勝ち点「13」で降格圏の19位に位置しているパルマだが、チームが降格を回避した場合は自動的に契約が延長される仕組みとなるようだ。

パルマでは過去在籍時に14試合で2ゴール1アシストとあまりプレー機会はなかったが、今回はチームを救えるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング