1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

監督電撃辞任のマルセイユ、ミリク初ゴールも追いつかれ5戦未勝利に…酒井フル出場、長友は終盤出場《リーグ・アン》

超ワールドサッカー / 2021年2月4日 10時3分

写真:Getty Images

3日、リーグ・アン第23節のRCランスvsマルセイユがフェリックス・ボラールで行われ、2-2の引き分けに終わった。

アンドレ・ビラス=ボアス監督が2日の前日会見でクラブの補強方針に怒りを露わにし、突然の辞任表明を行なったマルセイユ。クラブ批判に対して職務停止処分が下されるという騒動にあるマルセイユが一夜明けて試合を行った。

この試合ではナセル・ラルゲ氏が暫定監督として指揮。日本代表DF酒井宏樹は先発フル出場、DF長友佑都はベンチスタートとなり、81分から出場した。

試合はマルセイユペースで進むと37分、右サイドを仕掛けたマルセイユだったが相手がパスカット。これを繋ごうとすると、パスカットのためにアルバロ・ゴンサレスが足を出すと、これがラッキーな形で前線への浮き球のパスに。これをトヴァンがしっかり受けると、ボックス内からシュートを沈め、マルセイユが先制する。

ラッキーな形で先制したマルセイユは前半に追加点。アディショナルタイムにやや離れたいちでFKを獲得すると、パイェがクロス。左サイドでジェルマンが折り返したボールをアルバロ・ゴンサレスがシュート。これに反応したミリクが合わせて、追加点を奪う。今冬にナポリから加入したミリクは、移籍後初ゴールとなった。

前半で2点のリードを奪ったマルセイユだったが、後半に失点。立ち上がりの46分に左サイドからのグラウンダーのクロスが流れると、最後はソトカに蹴り込まれて1点を返される。

さらに61分にはRCランスが押し込むと、最後はクロスに対してメディーナがボックス内で合わせて同点に。そのままスコアは動かず、2-2の引き分けに終わった。

渦中のマルセイユは連敗を「3」で止めたものの、これで5戦未勝利となった。

RCランス 2-2 マルセイユ
【ランス】
ソトカ(後1)
メディーナ(後16)
【マルセイユ】
トヴァン(前37)
ミリク(前48)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング