スカッとゴール!ロッベンが味方との連携から繰り出したコントロールミドル

超ワールドサッカー / 2021年2月6日 7時0分

写真:Getty Images

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

2021年2月6日にご紹介するのは、今から3年前に元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが決めたゴールです。

◆ここがスカッと!
ロッベンの十八番と言えば、右サイドからのカットインで内に切れ込み、左足のコントロールシュートをゴール左上に突き刺すというもの。このゴールはそれをチームメイトとの連携で成立させています。

◆分かっていても止められないカットイン
今シーズンからフローニンヘンで現役復帰したロッベンですが、2009年に加入したバイエルンの右サイドのアタッカーとして、チームを多くのタイトル獲得に導きました。

分かっていても止められない切れ味抜群のカットインとミドルシュートで得点を量産しましたが、2018年2月6日に行われたDFBポカール準々決勝のパーダーボルン戦では、味方との連携から見事なミドルシュートを決めています。

4-0とバイエルン大量リードで迎えた86分、ロッベンが右サイドにドリブルで攻め入ると、相手からのタックルを受けながらも大外のMFコランタン・トリソにパスを送ります。トリソがドリブルでボールを運び、中央のMFセバスティアン・ルディにパスを送ると、ルディがダイレクトでボールをロッベンに落とします。

このパスをペナルティーアーク内の絶好の位置で受けたロッベンが左足で強烈なシュートを放つと、左上の完璧なコースに美しいゴールが決まりました。

相手GKの手が届かないまさに“アンストッパブル”なゴールです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング