1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

レーティング:トッテナム 0-1 チェルシー《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年2月5日 8時0分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第22節、トッテナムとチェルシーによるロンドン・ダービーが4日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
▽トッテナム採点

(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 6.0
PKはコースを読んでいたが、わずかに及ばず。それ以外の場面では安定したプレーをみせ、勝ち点を得る可能性を残した
 
DF
24 オーリエ 5.5
ヴェルナーの決定機を阻止し決定的なクロスを1本供給。リバプール戦での悔しい思いを払しょくする安定したプレーだった
 
4 アルデルヴァイレルト 5.5
個人としてはビルドアップで苦戦した以外、安定したプレーを披露。守備では最後の局面で粘りを見せた
 
15 E・ダイアー 4.5
勝敗を左右する痛恨のPK献上。状況を判断できていれば、あれほどリスキーな対応をする必要はなかった。その後、良いシュートブロックもあったが、攻守に細かいミスが散見
 
33 B・デイビス 5.0
前半はハドソン=オドイとリース・ジェームズのコンビに苦戦。試合を通してビルドアップ、攻撃への貢献が希薄だった
 
MF
23 ベルフワイン 5.0
守備では相手のセントラルMFを監視する役割を勤勉にこなしたが、攻撃時に局面を変えるプレーをほぼ見せられず
 
(→ルーカス・モウラ 5.5)
鋭いターンやドリブルの仕掛けでやや攻撃を活性化させた
 
17 ムサ・シソコ 5.0
守備では一定の貢献もマイボール時のミスが多く攻撃を停滞させた
 
5 ホイビュルク 5.5
攻守両面で戦う姿勢を見せたが、崩れそうなチームのバランスを何とか整えるので精いっぱい。違いを生むことはできなかった
 
28 エンドンベレ 5.0
直近の試合よりも一列前でプレーも守備的なタスクが多く、求められた中盤と前線のリンクマンをこなせず。疲労と足首のケガの影響か、本来の躍動感は見せられなかった
 
(→ラメラ 5.5)
決定機に絡むなど個人としてはできる仕事を最低限こなした
 
FW
45 ヴィニシウス 5.0
ケインの代役としてプレミア初先発も力不足を露呈。とりわけ、前半のカウンターチャンスの場面での判断ミスが厳しかった
 
7 ソン・フンミン 5.0
頼れる相棒の不在が響いてリーグ5戦連続無得点。解決策はチーム全体の協力が必要だが、個人としてもややキレを欠く場面が多かった
 
監督
モウリーニョ 5.0
失点は個人的なミスだったが、ビルドアップ、攻撃の停滞を修正する術を持たず。個人としては初のリーグホーム連敗に…
 
▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メンディ 6.0
ラメラの決定機を冷静に阻止。スリッピーなピッチでやや不安定な配球もあったが、全体的には安定したパフォーマンス
 
DF
28 アスピリクエタ 6.5
先制点に繋がるフィードを供給。チアゴ・シウバの負傷交代後は最終ラインを鼓舞する気迫の守備でクリーンシートに貢献
 
6 チアゴ・シウバ 5.5
前半半ば過ぎに負傷交代するまで攻守両面でいつも通りの安定感を披露。それだけに、右足の状態が気がかり
 
(→クリステンセン 6.0)
緊急出動も周囲のサポートを受けながら終始安定したプレーを見せた
 
2 リュディガー 6.5
相手のカウンターをきっちり封殺。局面を変える持ち出しや的確な繋ぎでも貢献した
 
MF
24 R・ジェームズ 6.5
トゥヘル新体制で初のスタメン起用で存在感。攻撃では幅を取りながら良いタイミングで攻撃参加し、守備でも球際の強さを見せた
 
5 ジョルジーニョ 6.5
プレッシャーがかかるPKを決め切った。前半は相手のやり方もあり、決定的なパスは少なかったが、後半はよりオープンな展開の中で攻守によく働いた
 
9 マウント 7.0
ゴールを決められていれば、最高のダービーになったが、驚異的な運動量とプレー精度でチームを攻守に牽引
 
17 コバチッチ 6.5
エンジン全開のプレーで交代時間は比較的早かったが、フル出場していればMOM級の力強い見事なパフォーマンスだった。トゥヘル新体制の中でよりダイナミズムが生きる展開に
 
(→カンテ 5.5)
負傷明けということもあり無理は効かなかったが、要所を締めるさすがの仕事ぶり
 
3 マルコス・アロンソ 6.0
前節のような決定的な仕事はなかったが、指揮官が求める役割を90分間完遂。チルウェルとのポジション争いで良いアピールに
 
FW
20 ハドソン=オドイ 6.0
直近2試合と異なる役割を担ったが、攻守両面で質の高い仕事をこなした。とりわけ、前半は相手守備の脅威に
 
(→プリシッチ 5.5)
投入直後は決定機に顔を出し、以降はカウンターの起点として相手の攻勢をけん制した
 
11 ヴェルナー 6.0
値千金のPK奪取。後半序盤の決定機を決められれば良かったが、相手の背後を狙う動き出しや守備の貢献度は申し分なかった
 
監督
トゥヘル 6.5
ゴールこそPKだけだったが、勝利に相応しい説得力のある試合内容だった。ビッグマッチを制したことでチーム掌握に大きなプラスとなった
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マウント(チェルシー)
3試合連続クリーンシートの守備陣も称えたいが、相手の拙攻もあって次点に留めることに。コバチッチと共に中盤で攻守に違いを生んだ生え抜きMFをMOMに選出。恩師ランパードの秘蔵っ子はドイツ人指揮官の下でも重要な選手になるはずだ。
 
トッテナム 0-1 チェルシー
【チェルシー】
ジョルジーニョ(前24[PK])

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング