マンチェスター・ユナイテッドのユニ苦情で障害者への気づき/六川亨の日本サッカー見聞録

超ワールドサッカー / 2021年2月5日 12時25分

写真:Getty Images

ちょっと前の出来事だが、1月17日のイングランド・プレミアリーグ、リバプール対マンチェスター・ユナイテッド戦のユニホームについてSNSに苦情が殺到した。それを毎日新聞の1月27日夕刊が一面で大々的に報じたことがあった。

苦情の内容は、リバプールがホームカラーである「赤」のユニホームを着用したのに対し、マンチェスター・Uはアウェーのユニホームとして「深緑」のユニホームを着用。これ自体は特に問題になるとは思われなかったが、色覚障害を持つ人々にとって「深緑」は「黒」に見え、同じく濃い色の「赤」と見分けがつきにくかったことが問題になった。

毎日新聞によると、国内では男性で20人に1人、女性で500人に1人、計約320万人以上に色覚障害があるという。そして冒頭の問題は14年のCL(チャンピオンズリーグ)でも発生し、プレミアリーグでは試合の10日前に対戦チームが着用するユニホームを提出し、色覚障害を持っていても識別できるかどうかをチェックしてきたそうだ。

今回も試合前に紛らわしいことが指摘されたものの、マンチェスター・Uがストッキングを「深緑」から「白」に変更することで許可されたという。しかし近年は「スマホなど小さな画面で試合を見るファンも増えているため、対応として不十分だった」との識者の声を掲載していた。

これらの記事を読んで思い出したのがテレビとサッカー(W杯)の関係である。

いまでこそサッカーボールはカラフルになり、大会ごとに違うデザインのボールが使われたり、W杯やCLではデザインが一新されたりするのは通例となった。それ以前のサッカーボールはというと、五角形と六角形の革を貼り合わせた「白黒」のサッカーボールを思い出すのではないだろうか。

日本が銅メダルを獲得した68年メキシコ五輪でも、ブラジルが3度目の優勝を果たした70年メキシコW杯でも、この「白黒」ボールが試合球として初めて使われた。

この「白黒」のボールが登場したのは60年代と言われている。それ以前は「白」一色のボールが一般的だった(さらにその前になると「茶色」一色で革紐がついていたそうだが、さすがにそのボールを蹴った経験はない)。

ではなぜ「白黒」のボールが登場したかというと、テレビの普及と無関係ではないらしい。当時のテレビはもちろんモノクロだ。このため「単色」だとテレビでは見にくいこと、「白黒」だと土のグラウンドでも見分けやすいこと、選手(特にGK)にとってはボールの回転がわかりやすいことなどの利点があって急速に普及した。

そしてユニホームについてだが、FIFA(国際サッカー連盟)は近年まで「色つきユニホーム」同士の対戦を認めていなかった。どちらかが「色つき」なら、対戦相手は基本的に「白」を着用しなければならなかった。

これは元FIFA会長のジョアン・アベランジェの戦略として、「発展途上国へのサッカーの普及」があったからだ。

日本は64年の東京五輪を契機にテレビのカラー化が進んだものの、一般の家庭に普及したのは70年代後半だった。しかしながらアフリカを始めとする発展途上国では80年代に入ってもカラーテレビの普及は進まず、まだまだモノクロのテレビでW杯を視聴する人々が多かった。

このため「赤」対「青」のユニホームの試合では、濃淡の差こそあるものの見分けがつきにくい。このためFIFAは長らく「色」対「白」のユニホームの着用を義務づけてきた。例えば06年ドイツW杯決勝は「青(イタリア)」対「白(フランス)」、3位決定戦は「白(ドイツ)」対「エンジ(ポルトガル)」、準決勝なら「白(フランス)」対「エンジ(ポルトガル)」、「青(イタリア)」対「白(ドイツ)」といった具合だ。

それが10年南アW杯決勝では「赤(スペイン)」対「オレンジ(オランダ)」、14年ブラジルW杯決勝は「白(ドイツ)」対「青(アルゼンチン)」、18年ロシアW杯決勝は「青(フランス)」対「白と赤のチェック(クロアチア)」と「色」対「色」の試合が許されるようになった。

その詳細な理由はわからないが、発展途上国では大がかりな工事が必要な固定電話よりもスマホの普及率が高いように、カラーテレビよりスマホやタブレットで試合を視聴するファンが多くなったからかもしれない。

しかし今回の件で色覚障害者に配慮する必要が指摘された。

Jリーグは今シーズンから、視認性に優れたユニバーサルデザインの書体と色彩による背番号と選手名を導入する。過去の例ではデザインを優先した背番号のため「2」と「7」、「11」と「17」など区別のつきにくい番号があったし、縞模様のユニホームにより背番号が見にくかったり、濃い色だと汗をかくことによってさらに濃くなり背番号を判別できなかったりすることが多かった。

それらを解消し、色覚障害者にも判別しやすいよう専門家からアドバイスを受けて視認性を確保するようだが、今回の変更は背番号と名前に限られ、ユニホームの「色」までは規定されていない。こちらはシーズンが始まってからでも構わないので、実際の試合から専門家にアドバイスをもらうなど色覚障害者への配慮もお願いしたい。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング