チェルシー時代の20歳のロッベンが華麗な連携から豪快シュートを突き刺す!【スーパーゴール図鑑/チェルシー編】

超ワールドサッカー / 2021年2月6日 20時0分

写真:Getty Images

【得点者プロフィール】
アリエン・ロッベン(当時20歳)
国籍:オランダ
所属:チェルシー
ポジション:FW
身長:180cm

2000年にフローニンヘンでプロデビューしたロッベンは、ウィンガーとしての才能を開花させ、チェルシーやレアル・マドリーでプレーした後、2009年からバイエルンで世界屈指のウィンガーとして長く活躍。抜群のスピードとキレのあるドリブルで常に相手ディフェンスの脅威となった。

【試合詳細】
日程:2004年12月18日
大会:プレミアリーグ第18節
対戦相手:ノリッジ
時間:前半44分(2-0)

降格圏内に沈むノリッジ相手の試合となったこの一戦は、前半からチェルシーが主導権を握る。2-0とリードして迎えた44分、美しい連携からチェルシーにチャンスが生まれた。

右サイドを攻めたロッベンは、相手陣中央まで侵入すると、MFフランク・ランパードへパス。これをボックス内で受けたランパードは、中央に上がっていたMFチアゴへパス。チアゴはこれをダイレクトヒールで落とすと、ここにロッベンが走り込み左足で豪快なボレー。低くコントロールされた強烈なシュートは、文字通りゴールネットに突き刺さるような鋭い弾道で吸い込まれた。

前半だけで3-0と試合を決めたチェルシー。後半にももう1点を加え、4-0で大勝している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング