1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

冨安が右SBでフル出場のボローニャ、残留争うパルマに快勝《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年2月8日 3時54分

写真:Getty Images

ボローニャは7日、セリエA第21節でパルマとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

前節ミラン戦を1-2で落とした15位ボローニャ(勝ち点20)は右サイドバックでフル出場し、好プレーを見せた冨安が右サイドバックでスタートとなった。

19位パルマ(勝ち点13)に対し、慎重な入りとなった両チームの一戦は15分に動く。左サイドからのサンソーネのFKにファーサイドのバロウが頭で押し込んだ。

失点を受けて前がかるパルマに29分、ブルグマンのミドルシュートでゴールを脅かされるも、守護神のスコルプスキが好守で凌いだ。

すると33分、ボローニャに追加点が生まれる。サンソーネのパスを受けたバロウがボックス左に侵入して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。

ボローニャの2点リードで迎えた後半、DFのバニを削って新戦力のアタッカーであるマンを投入してきたパルマに対し、ボローニャは自陣に引いて対応する。

さらに55分、バイエルンから加入のザークツィーを投入してきたパルマに59分、ガリオーロのボレーシュートでゴールに迫られるも枠を外れて助かった。

64分にサンソーネが決定的なシュートを放って牽制したボローニャは、終盤にかけては危なげなく時間を消化。

そして追加タイムにはオルソリーニにもゴールが生まれて3-0としたボローニャが快勝とし、降格圏の18位カリアリに暫定8ポイント差としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング