「コントローラー壊すレベル」何回打ってもゴールできない!?Aリーグで生まれたゴール前での必死の攻防が凄い「完全にFIFA」

超ワールドサッカー / 2021年2月8日 19時15分

写真:Getty Images

自分がサポーターならば思わず何かに当たりたくなってしまう、そんな10秒間がオーストラリアのAリーグで起こった。

6日、Aリーグ第13節でマッカーサーFCとウェスタン・シドニー・ワンダラーズが対戦。マッカーサーFCが2-1とリードした68分に事件は起きた。

左サイドを突破したウェスタン・シドニー・ワンダラーズのMFジェームズ・トロイージがグラウンダーのクロスを上げると、走り込んだFWブルース・カマウがシュートを放つも、シュートはGKアダム・フェデリチが驚異の反応でセーブする。

こぼれ球がそのまま転々とすると、カマウ、フェデリチ、さらにDFの3人がぶつかり合いながら競り合い、ライン上でフェデリチが何とか右手で押し出す。

押し出したボールは詰めてきたウェスタン・シドニー・ワンダラーズのFWサイモン・コックスに渡ってしまうが、コックスのシュートはさらに詰めていた味方DFダニエル・ゲオルギエフスキーの背中にヒット。ルーズボールとなると、後ろから走り込んだウェスタン・シドニー・ワンダラーズMFのキアヌ・バッカスが豪快に蹴り込んだ。

今度こそ決まったと思われたシュートだったが、強く蹴りすぎたのか、無情にもクロスバーを直撃。最後はクリアされゴールとはならなかった。

4回ほどあった決定機をものにできなかったウェスタン・シドニー・ワンダラーズに、サポーターは頭を抱えて呆然。マッカーサーFCのGKアダム・フェデリチは怒涛の10秒間に疲れた表情を見せていた。

このシーンはAリーグの公式ツイッターも「これがコントローラーを壊す瞬間です」とサッカーゲームに例えてツイート。ファンからも「完全にFIFAだ」といった声が挙がっている。

なお、2月からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに復帰した、元清水エスパルスのオーストラリア代表FWミッチェル・デュークは招集外となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング