1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

仙台でプレーしたDFパラがボタフォゴFCへ加入、元甲府FWラファエルとチームメイト

超ワールドサッカー / 2021年2月9日 12時37分

写真:

昨シーズンはベガルタ仙台でプレーしていたDFパラ(25)が、ボタフォゴFCへ完全移籍で加入することが発表された。

パラは、クルゼイロやアトレチコ・パラナエンセ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロ、グアラニなどでプレー。2020年1月に仙台へと加入した。

仙台では、左サイドバックとして明治安田J1で13試合に出場し1アシストを記録していた。

ボタフォゴFCは、本田圭佑が所属していたリオ・デ・ジャネイロを本拠地とするボタフォゴFRとは異なり、サンパウロを本拠地としているクラブで、ボタフォゴSPとも言われるクラブ。2020シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属も、セリエCに降格していた。

また、昨シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしたFWラファエル・マルケス(37)も先日加入が発表されていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング