移籍のフォス=メンサー、スールシャールを悪く言わず 「監督は良くしてくれた」

超ワールドサッカー / 2021年2月12日 13時30分

写真:Getty Images

レバークーゼンのオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーにとって、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は良き恩師のようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ユナイテッドのアカデミーで育ち、2016年にトップチームデビューを飾ったフォス=メンサーは2017年夏から武者修行の旅に。しかし、クリスタル・パレスに続いて、フルアムに貸し出された2019年4月にヒザの前十字じん帯を損傷した。

2019-20シーズンからユナイテッドに復帰したが、ケガの完治も長引き、定期的な出場機会の確保に苦戦。2017年にオランダ代表デビューも果たした実力者だが、プレミアリーグで1試合の出番にとどまり、今冬にドイツ行きを決断した。

将来を嘱望されながら公式戦30試合の出場でユナイテッドの選手としてのキャリアに幕を下ろしたフォス=メンサーだが、スールシャール監督に対しての不満を一切口にせず、逆に感謝の思いを語っている。

「決めたのは僕だ。監督は良くしてくれたが、あまりプレーができていなかった。22、23、24歳の選手はプレーしないとね。僕はそうじゃなく、プレーがしたかった。だから、他の場所に行くのが最善の決断だと思ったんだ」

「クラブや監督は僕に良くしてくれた。大ケガから回復してからも助けてくれ、時間もくれたんだ。実際にFAカップやヨーロッパリーグ準決勝でプレーさせてもらった。でも、定期的にプレーして、代表でのチャンスを掴むのが大事だと思った」

「オーレは僕にとって、すごく良い監督だった。彼も選手として大ケガをした経験があって、僕の気持ちを正確に理解してくれてもいた。16カ月ぶりに試合に出たときもすごく喜んでくれ、素晴らしい瞬間だった。力を認めてくれてもいたから、悪く言うつもりはない」

なお、「レバークーゼンは伝統があって、良い人たち、良い選手たちがいる。すごく良いクラブだ」とも話したフォス=メンサーは移籍後、ここまで公式戦4試合に出場している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング