バルサで一時代を築いた名手サビオラが決めた華麗なハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

超ワールドサッカー / 2021年2月12日 18時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、元アルゼンチン代表FWハビエル・サビオラ氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。

名門リーベル・プレートでキャリアをスタートさせたサビオラ氏は、弱冠19歳でバルセロナへ移籍。一時代を築くもクラブ事情などによりモナコやセビージャへとレンタル移籍を繰り返した後、レアル・マドリー、ベンフィカ、マラガ、オリンピアコス、エラス・ヴェローナと各国を渡り歩き、2015年からリーベル・プレートでプレーしていた。

巧みなドリブルと得点力で多くのゴールを記録してきたサビオラ氏だが、2003年2月22日に行われたラ・リーガ第23節のレアル・ベティス戦では、圧巻のハットトリックを決めている。

まずは開始早々の2分、右サイドからDFミハエル・ライツィハーがロングスローをボックス内に入れる。すると、このボールをFWパトリック・クライファートが頭でフリック。サビオラがゴール右からでボレーシュートを合わせ、いきなりの先制点を挙げる。

続いてリードを2-0と広げて迎えた41分、左サイドのFKからバルセロナがボックス内にクロスを上げる。このボールは相手GKがパンチングで弾いたものの、サビオラがこぼれ球をトラップするとすぐさまボレーシュート。無人のゴールにシュートが決まり、2点目をマークした。

最後は54分、スルーパスに抜け出したDFミハエル・ライツィハーが、右サイド深部からグラウンダーのクロスを上げる。このパスにファーポストでMFガイスカ・メンディエタが折り返すと、リターンパスをサビオラが冷静に流し込み、ハットトリックを達成した。

試合はサビオラのハットトリックを含む大量4ゴールを奪ったバルセロナが4-0で勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング