1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

残留を争うエイバルとバジャドリーの下位対決は痛み分け《ラ・リーガ》

超ワールドサッカー / 2021年2月14日 4時37分

写真:Getty Images

ラ・リーガ第23節のエイバルvsバジャドリーが13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は79分から出場した。

公式戦6試合勝利のない17位エイバル(勝ち点20)が、公式戦3連敗中の18位バジャドリー(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。リーグ戦6試合ぶりの白星を目指すエイバルは、乾が右サイドでスタメンを飾った一方、武藤は5試合ぶりのベンチスタートとなった。

残留を争う両チームの一戦は、開始早々にバジャドリーが先制する。6分、ボックス右から侵入したグアルディオラが縦への仕掛けでアルビージャのファウルを誘い、PKを獲得。このPKをロケ・メサがゴール右隅に沈めた。

先制を許したエイバルは19分、乾の左クロスを中央のキケ・ガルシアがワンタッチで落とすと走り込んだエスポジトがシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。

同点のチャンスを逃したエイバルだったが、23分に左サイドから仕掛けたブライアン・ヒルのクロスをキケ・ガルシアが頭でゴール右に流し込み、試合を振り出しに戻した。

勢いづくエイバルは、29分にも乾の右クロスをファーサイドに走り込んだブライアン・ヒルが左足で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。

1-1で迎えた後半はエイバルがやや押し気味に試合を進めたが、再びゴールネットを揺らしたのはバジャドリーだった。60分、バイタルエリア右で獲得したFKからオラサがクロスを供給すると、ファーサイドに抜け出したM・アンヘルが流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。

勝ち越し点を狙うエイバルは、79分にキケ・ガルシアを下げて武藤を投入。すると90分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けたブライアン・ヒルのサイドチェンジをボックス左で受けた乾にチャンスが訪れるもシュートはルイス・ペレスのブロックに阻まれた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。残留を争う両者の一戦は痛み分けのドローとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング