ユナイテッドが格下WBA相手に痛恨のドロー…2戦連続の取りこぼしで首位シティの背中遠のく《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年2月15日 1時6分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第24節、WBAvsマンチェスター・ユナイテッドが14日にザ・ホーソンズで行われ、1-1のドローに終わった。

前節エバートンとの上位対決では試合終了間際の失点によって逃げ切りに失敗し、2ポイントを取りこぼした2位のユナイテッド(勝ち点45)。今節は首位のマンチェスター・シティ、3位のレスター・シティが前日に勝利を収めた中、19位のWBA(勝ち点12)を相手に2戦ぶりの白星を狙った。

ミッドウィークに行われたウェストハムとのFAカップ5回戦を延長戦の末に1-0で制したスールシャール率いるチームは先発5人を変更。守護神デ・ヘア、ショー、ブルーノ・フェルナンデス、カバーニ、マクトミネイと主力が復帰した。

ドン引きのホームチームをいかに崩すかをテーマに試合へ入ったユナイテッドだったが、相手の予想外のアグレッシブな入りに面を食らって開始90秒でビハインドを背負うことに。

2分、WBAの波状攻撃を受けてボックス手前右のギャラガーが入れた浮き球のクロスに対してDFリンデロフがディアニェに競り負けて強烈なヘディングシュートをゴール右隅に突き刺された。

緩い入りによって試合を難しくしてしまったユナイテッドはここから完全に引いた相手の守備ブロックを引き出し、崩すという難しいタスクに挑んでいく。両サイドバックとウイングのコンビネーション、カバーニ、B・フェルナンデスのダイレクトプレーと内と外を交えた仕掛けで辛抱強くゴールを目指す。

しかし、相手の人海戦術をなかなか崩し切れずにいると、20分過ぎにはマテウス・ペレイラのFKにディアニェ、タウンゼントの左クロスにスノッドグラスとゴール前で決定的なヘディングシュートを打たれる。だが、ここはGKデ・ヘアの好守などで何とかしのぐ。

その後は両チームのフィールドプレーヤー全員がWBA陣内でプレーするハーフコートゲームが展開された中、ユナイテッドが粘り強く攻撃を続ける。すると、前半終了間際の44分には左サイド深い位置まで侵攻したショーの浮き球のクロスをゴール前のB・フェルナンデスがゴールを離れながらうまく左足のボレーで合わせると、これがゴール左隅の完璧なコースに決まった。

そして、苦しみながらも1-1のイーブンで試合を折り返したユナイテッドは、前半の反省を生かしてアグレッシブな入りを見せる。一方、引き続き守勢が続くWBAもマテウス・ペレイラが惜しいシュートを放つなど、手数をかけない攻めで応戦を見せる。

以降はユナイテッドが圧倒的に押し込んでいく中、62分にはFKの場面でDFアジャイと接触してマグワイアがボックス内で倒された場面でPKの判定が下される。だが、オンフィールドレビューの結果、判定がノーファウルに変更される。

この直後の66分にマルシャルを下げてグリーンウッドを投入したユナイテッドは70分、右CKの二次攻撃からボックス右のグリーンウッド、マクトミネイと続けて決定的な枠内シュートを放つが、前者はGKジョンストンのファインセーブ、後者はDFファーロングのゴールカバーに阻まれ、絶好の逆転機を逸した。

すると、70分を過ぎた辺りからハマーズ戦の120分の激闘を戦った疲労によってネガティブトランジションに綻びが出始めたユナイテッドは71分に相手のロングカウンターからピンチを迎えるが、ボックス左に抜け出したメイトランド=ナイルズの折り返しが精度を欠いたことにより、事なきを得る。さらに、78分にはロングボールに反応したディアニェにDFマグワイアが競り負けてGKとの一対一を作られるが、ここはGKデ・ヘアがチームを救うビッグセーブを見せた。

その後、互いに交代カードを切って試合は最終盤に突入。88分にはWBAのカウンターから右サイドのファーロングが入れた絶妙なアーリークロスにゴール前のディアニェが飛び込むが、右足のシュートを枠に飛ばせない。

一方、格下相手に勝ち点逸は許されないユナイテッドはラストプレーとなった95分にショーの左からのクロスをゴール前に攻め残っていたマグワイアが頭で合わす。このシュートがゴール右隅へ向かい、劇的逆転ゴールかに思われたが、古巣対戦となったGKジョンストンが圧巻の反応でわずかに触ると、軌道が変わったボールは右ポストを叩いた。

そして、この直後に試合をタイムアップを迎え、得意のアウェイゲームで格下とドローとなったユナイテッドは辛くも2位キープも、1試合未消化のシティとの勝ち点差が7ポイントに広がった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング