1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

吉田が先発復帰のサンプドリア、クアリアレッラ弾でフィオレンティーナに競り勝つ《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年2月15日 1時20分

写真:Getty Images

サンプドリアは14日、セリエA第22節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で競り勝った。

前節ベネヴェント戦を引き分けに持ち込んだ10位サンプドリア(勝ち点27)は、8試合ぶりにベンチスタートとなった吉田がフラットな[4-4-2]の右センターバックで先発に戻った。

15位フィオレンティーナ(勝ち点22)に対し、守勢の入りとなったサンプドリア。吉田は主にヴラホビッチとマッチアップする形となった中、膠着した展開が続いた。

そんな中31分、右CKからニアサイドのケイタがヘッドで押し込み、サンプドリアが先制する。

しかし37分、ボックス手前左で許したFKをプルガルに直接狙われると、GKアウデーロが弾いたルーズボールをヴラホビッチに頭で押し込まれて同点とされた。

1-1で迎えた後半、54分にピンチを迎えたサンプドリアだったが、FKからクアルタの放ったヘディングシュートは右ポストに直撃し、ルーズボールに詰めたペッセッラはシュートを枠に飛ばすことができずに助かった。

直後にもボナヴェントゥーラに決定的なシュートを許したが、わずかに枠を外れて助かったサンプドリアは、守勢の中で71分に勝ち越す。

決めたのは5分前に投入されていたエースのクアリアレッラ。右サイドからのカンドレーバのグラウンダークロスを左足ダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。

終盤にかけては吉田を中心にフィオレンティーナの攻勢を凌いだサンプドリアが2-1で逃げ切り勝利。中位をキープする貴重な勝利を手にした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング