【CLプレビュー】C・ロナウドがポルトガル凱旋、盟友ペペと激突《ポルトvsユベントス》

超ワールドサッカー / 2021年2月17日 18時0分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ポルトvsユベントスが17日29:00にポルトの本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンでキックオフされる。スポルティング・リスボン出身のFWクリスティアーノ・ロナウドが、ポルトガル代表の同僚でレアル・マドリーでも共に戦った盟友DFペペ擁するポルトとベスト8進出を懸けて激突する一戦だ。

ポルトはマンチェスター・シティが同居したグループの中、オリンピアコスとマルセイユを寄せ付けず4勝1分け1敗の成績でシティに次ぐ2位で余裕の通過。国内リーグではここ3試合引き分け、首位スポルティングには10ポイント差を付けられての2位に甘んじており、CLで悪い流れを変えたいと意気込んでいるはずだ。

一方、ユベントスはバルセロナが同居したグループを首位で通過。最終節バルセロナ戦での完勝劇により逆転で首位通過を決めた。ただ、10連覇の懸かるセリエAでは苦戦を強いられ、1試合消化が少ないものの首位インテルに8ポイント差を付けられての4位に甘んじている。ピルロ新監督の下、試行錯誤の戦いが続いているが、組み合わせに恵まれたと言えるこのラウンド16を乗り越えることができるか。

両チームはこれまで4度対戦し、ユベントスから見て3勝1分け。直近では2016-17シーズンのラウンド16で激突し、ユベントスが2戦共に勝利してベスト8入りを決めていた。

◆ポルト◆
【4-4-2】

▽ポルト予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:マルチェシン
DF:マナファ、ペペ、ムベンバ、サール
MF:ヘスス・コロナ、ファビオ・ヴィエイラ、セルジオ・オリベイラ、ルイス・ディアス
FW:マレガ、タレミ
負傷者:DFナヌ、MFオタビオ
出場停止者:なし

現役時代にセリエAで活躍したセルジオ・コンセイソン監督は、ほぼ一貫して守備バランスに長けたフラットな[4-4-2]を採用している。ユベントス戦でも堅実な戦いを見せてくるはずだ。

◆ユベントス◆
【4-4-2】

▽ユベントス予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:シュチェスニー
DF:ダニーロ、デ・リフト、キエッリーニ、アレックス・サンドロ
MF:キエーザ、ラビオ、ベンタンクール、マッケニー
FW:モラタ、C・ロナウド
負傷者: MFクアドラード、アルトゥール
出場停止者:なし

対するピルロ監督は守備時はポルト同様にフラットな[4-4-2]を形成するものの、攻撃時にはアレックス・サンドロを押し上げて[3-5-2]に可変するシステムを採用している。そのユベントスはディバラとラムジーが戦列に戻り、ベンチ入りが見込まれている。ただ、ボヌッチはコンディション不良のため、遠征には帯同しているものの出場は難しいようだ。

★注目選手
◆ポルト:DFペペ
Getty Images

ポルトの注目選手は37歳となった今なお、主将としてチームを牽引するペペだ。対峙することになるC・ロナウドとはポルトガル代表とレアル・マドリーで苦楽を共にし、ユーロ優勝と3度のCL優勝を経験した。盟友との直接対決を制すことができれば、ポルトが番狂わせを起こす可能性も十分だ。

◆ユベントス:DFダニーロ&アレックス・サンドロ
Getty Images

対するユベントスの注目選手にはC・ロナウドではなく古巣対決となる2選手に注目したい。ブラジル代表の常連である両選手はポルトで脚光を浴び、欧州でのキャリアを築いていった。ピルロ監督の下、両選手は戦術的に重要な役割を担っており、ポルト戦でもキーマンとなるだろう。可変システムを可能にさせている両選手の働きに注目だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング