【プレミア注目プレビュー】公式戦17連勝の首位シティ、CL控える中でアーセナルと激突

超ワールドサッカー / 2021年2月21日 12時0分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第25節、アーセナルvsマンチェスター・シティが日本時間21日25:30にエミレーツ・スタジアムでキックオフされる。公式戦17連勝とその勢いは留まることを知らない絶好調のシチズンズが、アーセナルのホームに乗り込む注目の強豪対決だ。

現在、4位のチェルシーと8ポイント差の10位に甘んじているアーセナル(勝ち点34)。前節のリーズ戦ではFWオーバメヤンのプレミアリーグ初のハットトリックの活躍もあって4-2の快勝。4戦ぶりの白星を手にし、再浮上を狙う。

ただ、公式戦連勝を目指した直近のヨーロッパリーグ(EL)ではベンフィカを相手に優勢に試合を運びながらも、エースの再三に渡る決定機逸が響き、アウェイゴールを1つ奪っての1-1のドローに留まった。その結果、リーグ戦の不振によってプライオリティーが増すELのタイトル獲得のため、中立地ギリシャで開催される来週の2ndレグに、より万全を期して臨む必要が出てきている。現在のシティのパフォーマンスを見れば、ホームとはいえ引き分け止む無しの考え方で試合に臨む可能性もありそうだが、古巣対戦のアルテタ監督のゲームプランはいかに…。

一方、ミッドウィークに行われたエバートン戦を3-1で快勝したシティ(勝ち点56)は、消化試合数でその他の上位チームと並んだ中で2位以下に10ポイント以上を付けて首位を快走。また、司令塔デ・ブライネの戦列復帰に、前々節で負傷交代したMFギュンドアンも大事に至らず、グアルディオラ監督にとってはスタメン選考に悩む嬉しい悩みが増えている。

来週ミッドウィークにボルシアMGとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦を控える中で臨むアーセナル戦は決して簡単なゲームではないが、きっちり勝ち点3を持ち帰り良い流れでCLの戦いを迎えたいところだ。

なお、今シーズンの公式戦での2度の対戦では師匠グアルディオラ監督が率いるシティが2戦2勝。昨年10月に行われたリーグ戦の前回対戦は1-0の接戦となったが、同12月のEFLカップの対戦では4-1の大差が付いている。

◆アーセナル◆
【4-2-3-1】
▽アーセナル予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.

GK:レノ
DF:ベジェリン、ホールディング、ガブリエウ、ティアニー
MF:セバージョス、ジャカ
MF:サカ、ウーデゴール、ペペ
FW:オーバメヤン

負傷者:MFトーマス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては練習復帰を果たしたものの、トーマスが引き続き欠場となる見込みだ。

スタメンに関しては過密日程の中、直近の公式戦2試合連続で同じスタメンを採用しており、この試合でターンオーバーを行う可能性が高い。セドリックとダビド・ルイスに代わってベンフィカ戦で戦列復帰のティアニーとホールディング、軽傷を抱えるスミス・ロウに代わってペペのスタメン復帰を予想する。また、オーバメヤンに代わってラカゼットをスタートから起用する可能性もありそうだ。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】
▽マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:エデルソン
DF:カンセロ、ストーンズ、ルベン・ジアス、ジンチェンコ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ベルナルド・シウバ
FW:スターリング、ガブリエウ・ジェズス、フォーデン

負傷者:DFアケ、MFギュンドアン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはそ径部に問題を抱えるギュンドアンが練習復帰を果たしており、スタメン起用が可能かは微妙だが、少なくともベンチ入りは確実な状態だ。

スタメンに関してはエバートン戦の終盤に投入されて戦列復帰を果たしたデ・ブライネと、前述のギュンドアンを同時に先発で起用する可能性も伝えられているが、前者がスタメン、後者がベンチスタートとみる。前線に関してはエバートン戦で決勝点を決めたマフレズ、ギュンドアンが復帰する場合、ベルナルド・シウバを右ウイングで起用する可能性もあるが、相手のビルドアップをけん制する意味合いでフォーデン、スターリングの起用を予想する。

★注目選手
◆アーセナル:MFダニ・セバージョス
Getty Images

アーセナルの注目プレーヤーは復調気配見せるゲームメイカー。昨シーズンに続き今シーズンもレアル・マドリーからのレンタルでプレーするセバージョスは、存在感を放った昨季に比べてシーズン序盤は攻守両面で小さくまとまったパフォーマンスに終始。ただ、今年に入って徐々にコンディションを上げていくと、ふくらはぎのケガの影響で5試合の欠場から戻ってきた直近の公式戦2試合では本来のパフォーマンスを見せ始めている。

チームの戦い方の変化に加え、スミス・ロウやウーデゴール、サカとフリーラン、プレーの連続性に長けた選手が2列目に入ったことで、自身の特長である局面を変えるパスやコンビネーションから前線に飛び出していくプレーも増え始めている。リーズ戦では相手のマンマークを出し抜く質の高いダイレクトプレー、ベンフィカ戦では安定した配球、味方を鼓舞する気迫の守備と攻守両面での存在感が光った。

劣勢必至の今回の一戦では持ち味のキープ力と局面を打開するパスで決定機を創出し、守備では粘り強く相手に食らいつき、ジャカと共に最終ラインをサポートする献身的な働きが求められる。

◆マンチェスター・シティ:DFジョアン・カンセロ
Getty Images

シティの注目プレーヤーは加入2年目で存在感際立つ多才なDFだ。バレンシア、ユベントス時代は足元の技術と勝負度胸を生かした攻撃力が評価された一方、戦術理解度や守備の軽さによってシティ加入1年目は両サイドバックのバックアッパーに留まったカンセロ。しかし、かつてのウォーカー同様に世界屈指の戦術家の薫陶を受けた26歳のポルトガル代表DFは、“カンセロロール”と名付けられた新たな役割で異彩を放っている。

守備時の基本的な立ち位置は左右のサイドバックも、ビルドアップ時は相手のプレスによってはアンカー脇でセントラルMFとしてプレーし、チームが押し込んだ場面ではインサイドハーフとして時にはゴール前まで顔を出す。さらに、対戦相手やウイングの選手の特長によってはウイングバックやウイングとしてサイドの高い位置まで侵攻していく、まさに神出鬼没のプレースタイルだ。

そのマルチタスクをこなしつつ自身の特長も遺憾なく発揮するカンセロは、とりわけプレスの強度が高く、戦術面で組織化された強豪クラブとの対戦で違いを生んでいる。今回の対戦相手であるアーセナルも普段通りの戦いを選択した場合、前から嵌めに来る可能性が高くボールの循環における逃げ道となり、局面を進める立ち位置や閃きを持つ多才なDFが勝敗のカギを握るはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング