レーティング:アーセナル 0-1 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年2月22日 4時0分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第25節、アーセナルvsマンチェスター・シティが21日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
▽アーセナル採点

(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 レノ 5.5
失点はノーチャンス。ギュンドアンの決定機を阻むなど冷静なゴールキーピングに加え、ビルドアップの局面でもそつなく繋いだ
 
DF
2 ベジェリン 5.0
守備では堅実な対応を見せていたが、ボールを持った局面では相手の圧力に晒されて効果的なプレーを見せられず
 
16 ホールディング 6.0
失点場面ではスターリングに背後を取られたが、負傷交代するまで攻守両面において安定したパフォーマンスを見せた
 
(→ダビド・ルイス -)
 
22 パブロ・マリ 6.0
守備では粘り強く対応しつつ攻撃では時間を経るごとに安定した球出しを見せた
 
3 ティアニー 5.5
失点場面ではあっさりとクロスを上げさせてしまったが、以降は果敢な攻め上がりでサカと共に攻撃の起点となった。全体の出来としては上々
 
MF
19 ペペ 5.5
守備ではルベン・ジアスとジンチェンコをケアしたが、後手を踏む場面が散見。攻撃では逆サイドが起点となったことで、なかなか見せ場を作れず
 
(→スミス・ロウ 5.0)
アグレッシブに試合に入ったが、可もなく不可もない出来に
 
25 エルネニー 5.5
攻守両面で最終ラインに近い立ち位置を取って、堅実なプレーを見せた。ポジション奪取に向けてはプラスアルファが求められるところ
 
(→セバージョス -)
 
11 ウーデゴール 5.0
攻守両面でフェルナンジーニョとマッチアップも経験の差を見せつけられる難しい試合に。ただ、守備は献身的にこなした
 
(→ラカゼット 5.0)
ゴールを期待されての投入もフィニッシュに絡めず
 
34 ジャカ 5.5
相手の疲労の影響もあったが、うまくボールを引き出して効果的な縦パスを幾度も通してビルドアップの起点に
 
7 サカ 6.0
守備ではカンセロを消しつつ、攻撃ではフェルナンジーニョの脇のスペースにうまく顔を出してティアニーの攻撃参加を促すなど、スマートなプレーで攻撃をけん引
 
FW
14 オーバメヤン 4.5
守備ではチームの約束事をきっちり守ったが、攻撃面ではなかなか良い形でボールを受けられずシュート0に終わる
 
監督
アルテタ 5.0
メンバーを入れ替えた中で守備とビルドアップでは奮闘も、攻撃面では可能性の低いクロス以外に攻め手がなかった
 
▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 6.0
難しい枠内シュートは皆無。背後をケアしながら局面を変えるミドルパスを幾度か通した
 
DF
27 カンセロ 6.0
試合を通してサカに付かれていつもほどビルドアップへの関与は少なかったが、惜しいシュートを放つなど神出鬼没のプレーで見せ場は作った
 
5 ストーンズ 7.0
鉄壁の対人守備でオーバメヤンを封殺。クロス対応や遅らせ方の判断など守備面ではほぼ完ぺきな出来。積極的な持ち上がりで局面を変える場面も多かった
 
3 ルベン・ジアス 7.0
先制点の起点となるなど、比較的プレッシャーの少ない中で攻撃の出発点として機能。守備でもいつも通りの安定感
 
11 ジンチェンコ 6.5
前半は積極的にフィニッシュの局面に顔を出すなど、ペペを抑えつつ攻撃面でプラスアルファをもたらした
 
MF
17 デ・ブライネ 5.5
後半序盤にようやくらしいプレーを見せたが、攻守両面でブランクを感じさせるプレー内容に
 
(→ジェズス 6.0)
守備の強度を上げつつカンセロの決定機や、精度は欠いたもののシュートチャンスに絡んだ
 
25 フェルナンジーニョ 7.0
抜群の危機察知能力を生かして中盤の危険なエリアをうまくケア。ボールを奪い切る強さも見せた
 
8 ギュンドアン 6.0
デ・ブライネ同様にややコンディションの影響を感じさせたが、攻守に及第点以上のパフォーマンスは見せた
 
FW
26 マフレズ 6.0
決勝点をアシスト。ただ、守備で後手を踏んだことで以降は攻撃面での輝きも限定的に
 
20 ベルナルド・シウバ 6.0
最前線起用でピッチのいたるところに顔を出して気の利いたプレーを見せた。ただ、ほぼフル稼働の影響か全体的にキレを欠いた部分も見受けられた
 
7 スターリング 6.5
値千金の決勝点を記録。以降も幾度か鋭い仕掛けを見せて守備でもチームを助けた
 
監督
グアルディオラ 6.5
 決してゲームプラン通りにいった試合ではなかったが、ピッチ上の選手たちが全く慌てることなく勝ち切った。日ごろからの戦術の落とし込みの賜物と言える一戦だった
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ほぼ完ぺきな仕事を見せたセンターバックコンビの活躍も見事だったが、好調のロドリに代わって強豪対決に抜擢された中、改めて存在感を示したキャプテンをMOMに選出。試合を通して予想以上に相手にボールを握られるも、抜群の危機察知能力でほとんど穴を作らず、相手の決定機を未然に防いだ。
 
アーセナル 0-1 マンチェスター・シティ
【マンチェスター・シティ】
スターリング(前2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング