【J1開幕直前ガイド|サンフレッチェ広島】戦力変えずにシステムを変えて高みを目指す

超ワールドサッカー / 2021年2月23日 21時50分

写真:©︎J.LEAGUE

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。

昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。

そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。

第13弾は、昨シーズンの明治安田J1で8位のサンフレッチェ広島を紹介する。

◆補強動向《C》※最低E~最高S
【IN】
GK川浪吾郎(29)←ベガルタ仙台/完全移籍
DF今津佑太(25)←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍
MFハイネル(30)←トンベンセ(ブラジル)/期限付き移籍延長
MF長沼洋一(23)←愛媛FC/復帰
MF藤井智也(22)←立命館大学/新加入
FWジュニオール・サントス(26)←柏レイソル/完全移籍

【OUT】
GK廣永遼太郎(31)→ヴィッセル神戸/完全移籍
DF櫛引一紀(28)→大宮アルディージャ/完全移籍
DFイヨハ理ヘンリー(22)→鹿児島ユナイテッド/期限付き移籍
MF松本大弥(20)→大宮アルディージャ/期限付き移籍
MF野津田岳人(26)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍
DF水本裕貴(35)→町田ゼルビア/期限付き移籍→完全移籍
DFエミル・サロモンソン(31)→アビスパ福岡/期限付き移籍→完全移籍
MF松本泰志(22)→セレッソ大阪/期限付き移籍
MF川村拓夢(21)→愛媛FC/期限付き移籍延長
MF川井歩(21)→レノファ山口FC/期限付き移籍→完全移籍
FWレアンドロ・ペレイラ(29)→松本山雅FC/期限付き移籍終了

例年になく選手の出入りは多くない広島。特に放出した選手は期限付き移籍の選手が多い状況となっており、主力選手で退団したのはFWレアンドロ・ペレイラのみとなった。

チーム内得点王でありリーグ3位の15得点を挙げていたレアンドロ・ペレイラをチームに留まらせることができなかったことは大きな痛手となるところだったが、柏レイソルからFWジュニオール・サントスを獲得。昨シーズンは横浜F・マリノスへ期限付き移籍し、13得点を記録しただけに、数字上では大きな損失は無くなった。

また、愛媛FCで武者修行を積んできたMF長沼洋一が復帰。また、特別指定選手ながら15試合に出場したMF藤井智也も正式に入団し、チームとしては積み上げたシーズンとなりそうだ。

超過密日程だった2020シーズンも、先発と控えの入れ替えこそありながら、起用するメンバーはほとんど入れ替えずに戦い抜き、今シーズンも継続していく形となる。

補強という観点で言えば、物足りない部分も若干あるが、若い選手たちが持っているポテンシャルは高く、成長という部分が大きな補強となる可能性は秘めている。

◆目標:上位争い

Getty Images

城福浩監督にとって4シーズン目となる2021シーズン。1年目の2位を頂点に、6位、8位と徐々に順位は下がっている状況。4年目の今季は再び上向きにしていきたいところだ。

前述の通り、大きく選手を補強しなかったことで、チームづくりをやり直すという観点では、積み上げの分だけ優位に働くことになるだろう。それでも「新しい立ち位置を試しているので、手探り状態ではあります」と城福監督が語ったように、チームとしてはブラッシュアップを繰り返している状況だ。

ベテランと若手のバランスも取れている中で、求められるのは準主力選手たちの底上げだろう。昨シーズンは途中出場が多かった選手たちが、レギュラー陣を脅かすことができれば、チームとして一段レベルアップすることができるだろう。

得点力の部分でも、ガンバ大阪へ移籍したFWレアンドロ・ペレイラ、そして今シーズンも広島で戦うFWドウグラス・ヴィエイラに頼り切っていた部分が大きく、なかなか勝ち点を伸ばせなかった理由もそこにあるだろう。

システムも変更し、より攻撃に厚みをかけて臨むシーズン。手堅い試合運びを見せていた一方で、悩みの種だった得点力不足が解消となれば、より上位を目指すことは不可能ではない。

◆超WS編集部イチオシ新戦力
FWジュニオール・サントス(26)
©J.LEAGUE

編集部がイチオシしたい新戦力は、昨シーズンは横浜F・マリノスで圧倒的な攻撃力を見せつけたFWジュニオール・サントスだ。

柏レイソル時代は出場機会もあまり得られなかったジュニオール・サントスだが、シーズン途中に横浜FMへと移籍すると一気にその得点力が爆発する。

シュートレンジの広さと、前を向いた時の力強さは驚きを与え、シュートの上手さも目立った。推進力を持つ一方で、前線で起点にもなれるだけに、広島としては願っても無いストライカーの獲得となった。

ハマればレアンドロ・ペレイラ以上の得点も望め、2列目に入る選手たちとの相性次第では一気に飛躍する可能性もあるだろう。

テクニックに優れ、パスセンスも持ち合わせる選手が多い広島だけに、ジュニオール・サントスを活かす方法を見つけたら、脅威となるに違いない。

◆2021年期待のヒーロー
MF森島司(23)
©J.LEAGUE

今シーズン期待するヒーローは、10番を背負うMF森島司を挙げたい。

昨シーズンはシャドーのポジションで全34試合に出場。5得点を記録した一方で、アシスト数は伸び悩んだ。

2018年はシーズンを通して8アシストとチャンスに多く関わっていただけに、本人としてはポイントを置きたいと考えているとのこと。「流れの中でどう得点に絡むかでチームの順位も変わってくるので、アシストでチームの得点に絡んでチームを助けたいと思っています」と意気込みを語っていた。

今シーズンはシャドーではなくトップ下に入ることが濃厚。チームとして素早いカウンター、ボール奪取からのショートカウンターを武器にしていくだけに、森島からのパスがゴールに繋がる必要がある。

本人も気にするアシストが増えていけば、自ずとチームは勝ち点を重ねるはず。チャンスメーカーとしての働きをいかに見せられるか。森島のプレーぶりに注目だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング