ブライトン正GKに昇格したスペイン人GKロベルト・サンチェスが2025年まで契約延長

超ワールドサッカー / 2021年2月24日 23時0分

写真:Getty Images

ブライトンは24日、スペイン人GKロベルト・サンチェス(23)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。

レバンテの下部組織出身で2013年にブライトンのユースチームに加入したロベルト・サンチェスは、2018-19シーズンにフォレスト・グリーンローバーズ、2019-20シーズンにロッチデールへのレンタル移籍を経て、今季よりブライトンのトップチームに正式登録された。

そして昨年11月のトッテナム戦でトップチームデビューを飾ると、プレミアリーグ第13節以降、オーストラリア代表GKマシュー・ライアンから正GKの座を奪取。ここまでプレミアリーグ14試合に出場している。

その14試合で喫した失点は13、クリーンシートが6回と守備の立て直しに大きく貢献していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング