1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

レーティング:ボルシアMG 0-2 マンチェスター・シティ《CL》

超ワールドサッカー / 2021年2月25日 7時20分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ボルシアMGvsマンチェスター・シティが24日に中立地ブダペストのプスカシュ・アレーナで行われ、アウェイのシティが0-2で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
▽ボルシアMG採点

(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ゾンマー 5.0
失点はいずれもノーチャンス。セービングは安定もリスタート時に相手の圧力を感じて効果的にボールを繋げず
 
DF
18 ライナー 5.5
粘りの守備対応に加え、スペースに飛び出していく意識は高かった。ただ、プレー精度の部分で相手に劣る
 
(→ラザロ 5.0)
攻撃面を期待されて投入されたが、直後の失点によって難しい展開に
 
28 ギンター 5.5
ボックス内で繊細かつ身体を張った守備で粘る。ただ、繋ぎの部分では相手の嫌らしい守備に苦しめられた
 
30 エルベディ 5.5
ギンターと共に粘りの守備を見せた。失点場面ではカンセロのパーフェクトクロスに屈したが、後半立ち上がりに見事なスライディングでジェズスの決定機を阻止
 
25 ベンセバイニ 5.5
一対一の守備で劣勢も最後のところで何とか耐えた。得意の左足のキックを生かす場面はほぼなかった上、不用意なバックパスでジェズスに決定機を献上
 
MF
8 ザカリア 5.5
中盤でギュンドアンを監視。守備で強度を保ち、後半は幾度かカウンターの場面で良い絡みを見せた
 
6 クラマー 5.0
中盤の底でスペースを埋めつつ要所で前に出て献身的に守備をした。ただ、1失点目の場面のパスは軽率だった
 
32 ノイハウス 5.5
中盤で攻守両面にハードワークをこなしたが、相手とのクオリティの差を感じさせられる一戦に
 
FW
23 J・ホフマン 5.0
カンセロのマークという難しいタスクを任されたが、チーム全体のレベルの差もあって個人としては攻守に不完全燃焼の試合に
 
(→ヴォルフ -)
 
13 シュティンドル 5.0
最前線で起点役を期待されたが、相手のセンターバックコンビに封殺される。フラストレーションが溜まる形でピッチを後に
 
(→エンボロ 5.0)
展開的に裏のスペースを狙いづらいこともあり、見せ場を作れず
 
14 プレア 5.0
惜しいシュートを1本放ったが、ウォーカーとのマッチアップで終始劣勢を強いられた
 
(→テュラム 5.0)
簡単に潰されるなど切り札としては物足りないプレー内容だった
 
監督
ローゼ 5.0
やりたいことは理解できたが、個々のクオリティ、チームとしての完成度の差があまりに大きかった
 
▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 6.5
相手の狙っていた背後のスペースを的確な飛び出しで阻止。ラストプレーの場面で唯一の枠内シュートを見事に阻止
 
DF
2 ウォーカー 7.0
攻守両面でハイパフォーマンスを披露。守備の切り替えや球際の強度ではジンチェンコやカンセロら後輩にまだまだ譲らず
 
3 ルベン・ジアス 6.5
相手の狙いをしっかりと見極めて最終ラインをほぼ完ぺきに統率。ビルドアップの場面でもいつも通り貢献
 
14 ラポルテ 6.5
相手のアタッカーに対してそつなく対応。ストーンズを凌駕するまでには至らないが、バックアッパーとしては及第点以上の出来だった
 
27 カンセロ 7.5
繋ぎ崩しの局面で司令塔としての才能を遺憾なく発揮。2ゴールを演出した
 
MF
20 ベルナルド・シウバ 7.0
珍しいヘディングで1ゴール1アシスト。守備ではジェズスと共にファーストディフェンダーとして機能。得点以外でも気の利くプレーが光った
 
16 ロドリ 6.5
最後の場面での不用意なバックパスはトーナメントでやってはいけない軽率なプレーだった。ただ、それ以外では好パフォーマンスを披露
 
8 ギュンドアン 6.5
相手の中盤に徹底監視に遭った中、黒子としての役目を完遂し周囲をうまく生かす。守備の切り替えも素晴らしかった
 
FW
7 スターリング 6.0
決定的な仕事はできなかったが、序盤は鋭い仕掛けで相手の脅威に
 
(→マフレズ 5.5)
仕留めるチャンスでフィニッシュまで至らなかったが、逃げ切りに貢献
 
ガブリエウ・ジェズス 6.5
値千金の追加点を奪取。前線からの強度の高い守備と、最終ラインとの駆け引きでじわじわ消耗させた
 
(→アグエロ -)
 
47 フォーデン 6.5
フィニッシュのフィーリングは今一つもほぼミスのない繋ぎと献身的な守備で勝利に貢献
 
(→フェラン・トーレス -)
 
監督
グアルディオラ 6.5
イングランドのトップカテゴリー所属チームで初の公式戦アウェイ12連勝達成。攻守両面で相手を圧倒する完勝
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カンセロ(マンチェスター・シティ)
攻守両面で異次元のパフォーマンスを見せた多才なサイドバックが文句なしのMOM。ペップから授けられた“カンセロロール”を完遂し、相手のバランスを崩す決定的な役割を見事にこなした。
 
ボルシアMG 0-2 マンチェスター・シティ
【マンチェスター・シティ】
ベルナルド・シウバ(前29)
ガブリエウ・ジェズス(後20)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング