【プレミア注目プレビュー】トップ4圏内狙うブルーズと逆転リーグ制覇狙うユナイテッドの上位対決!

超ワールドサッカー / 2021年2月28日 12時0分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第26節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間2月28日25:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。トゥヘル就任以降、無敗を継続する新生ブルーズが2位のユナイテッドをホームで迎え撃つ注目の上位対決だ。

現在、5位のチェルシー(勝ち点43)は前節、サウサンプトン相手に主導権を握りながらも崩しの精度を欠いて1-1のドロー。プレミアリーグでの連勝が「4」でストップした。それでも、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦ではFWジルーの豪快なオーバーヘッド弾を守り抜き、アウェイゴールを奪って1-0の先勝を飾った。

この勝利によってトゥヘル新体制移行後、公式戦8試合無敗(6勝2分け)を維持する好調なチームだが、今節を皮切りにCL出場権を争うリバプール、エバートンとの重要な連戦を控えており、難敵相手に勝ち切って弾みを付けたいところだ。

一方、首位のマンチェスター・シティと10ポイント差で2位に付けるユナイテッド(勝ち点49)は、エバートン、WBA相手に2戦連続ドローと嫌な流れに陥っていたが、前節のニューカッスル戦では伏兵ダニエル・ジェームズのゴールなどで3-1の快勝を収めた。また、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダ相手に0-0のドローに終わるも、4-0で圧勝した1stレグのアドバンテージを生かして順当にベスト16進出を決めた。

来週ミッドウィークのクリスタル・パレス戦を挟んで来週末にシティとの重要なダービーを控える赤い悪魔は、逆転優勝に向けてこれ以上の取りこぼしは許されず、最低限10ポイント差を維持してダービーに臨むため、今季12戦無敗(8勝4分け)と得意とするアウェイゲームで勝ち点3奪取が必須だ。

なお、昨年10月に行われた前回対戦はホームのユナイテッドが優位に進めたものの、チェルシー守備陣の奮闘によってランパード前体制のブルーズが0-0のドローに持ち込んでいた。また、チェルシーの指揮官としては初対決となるトゥヘル監督だが、パリ・サンジェルマンの指揮官として戦った今季のCLグループステージでは1勝1敗の戦績を残している。

◆チェルシー◆
【3-4-2-1】
▽チェルシー予想スタメン

(C)CWS Brains,LTD.

GK:メンディ
DF:アスピリクエタ、クリステンセン、リュディガー
MF:リース・ジェームズ、カンテ、コバチッチ、マルコス・アロンソ
MF:マウント、ヴェルナー
FW:ジルー

負傷者:DFチアゴ・シウバ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはチアゴ・シウバを除く全選手が起用可能だ。

スタメンに関してはアトレティコ戦をベースに幾つかのポジションでの変更が見込まれる。対ユナイテッドという部分でより守備とアスリート能力に長けたリーズ・ジェームズとカンテがハドソン=オドイ、ジョルジーニョに代わって起用されると予想する。それ以外ではズマやエイブラハムにチャンスが与えられる可能性もありそうだ。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:フレッジ、マティッチ
MF:グリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォード
FW:マルシャル

負傷者:DFジョーンズ、MFポグバ、マタ、マクトミネイ、ファン・デ・ベーク、FWカバーニ、ダニエル・ジェームズ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバ、マタ、マクトミネイの欠場が確定。また、カバーニ、D・ジェームズ、ファン・デ・ベークの3選手に関してはカバーニの欠場は濃厚も、後者2人に関しては試合前日の最終チェックによって起用の可否を決めることになる。

システムに関しては[4-2-3-1]の継続が濃厚も、現地メディアの中では[3-4-1-2]のオプションの採用を予想する声もある。スタメンに関してはカバーニ、D・ジェームズが復帰しない限り、前述のメンバーが起用される見込みだ。

★注目選手
◆チェルシー:MFマテオ・コバチッチ
Getty Images

チェルシーの注目プレーヤーは中盤で存在感増すコバチッチだ。ランパード体制においても中盤の主力として起用されたクロアチア代表MFだが、トゥヘル体制ではこれまでのバランサーや黒子の役割からより攻撃的な役割を担っている。

[3-4-2-1(3-5-2)]のセントラルMFでの起用が続く中、攻撃時はジョルジーニョと共に立ち位置の妙、鋭いターンを武器に相手のプレスを剥がして局面を打開。そこからのドリブルでの運び、味方とのコンビネーションでより相手のボックスに近い位置で崩しの一歩手前の役割を担っている。また、守備面においては3バックが安定していることもあり、よりアグレッシブに人やボールにアタックするプレーも増えている。

難敵ユナイテッドをホームで迎え撃つ今回の一戦では相手のキーマンであるB・フェルナンデスの監視という守備面のタスクと共に、相手のプレスを剥がしてクリーンなボールを前線の味方に繋げたい。また、個人として課題となっているラストパス、シュートの精度を改善し、チームを勝利に導く仕事にも期待したいところだ。

◆マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード
Getty Images

ユナイテッドの注目プレーヤーは3年連続のプレミア2桁ゴールに王手をかける若きエースだ。今季ここまでやや調子の波はあるものの、キャリアハイの22ゴール(公式戦)を記録した昨季に迫る18ゴールを挙げているラッシュフォード。とりわけ、直近の公式戦数試合ではコンディションが上がっており、ソシエダとの1stレグ、前節のニューカッスル戦では決定的な仕事を果たしている。

今回の一戦でも攻撃の中心は間違いなくB・フェルナンデスだが、カバーニやポグバ、マクトミネイらの不在によって絶対的な司令塔へのマークはより厳しくなるはずだ。その中で個で局面を打開し、ゴール、アシストと決定的な仕事ができる23歳のイングランド代表FWのプレーがユナイテッド勝利の鍵を握る。

左ウイングでの起用が見込まれる中、好調を維持するDFアスピリクエタの牙城を崩せるか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング