1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

クーマン重宝のペドリが左足ヒラメ筋負傷で離脱…今月下旬以降に復帰か

超ワールドサッカー / 2021年3月1日 11時55分

写真:Getty Images

バルセロナのU-21スペイン代表MFペドリが離脱した。

バルセロナは2月27日に行われたラ・リーガ第25節でセビージャと対戦。フランス代表FWウスマーヌ・デンベレとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールにより、2-0で勝利したが、先発したペドリは71分に負傷交代した。

試合後にクラブから左足下部の筋肉を損傷が公表され、翌日にも検査を受ける見込みだったペドリ。クラブが新たに発表したところによると、その検査で左足ヒラメ筋の負傷と診断されたという。

現時点で離脱期間については明らかにされていないが、スペイン『アス』によれば、全治3週間が見込まれており、3日に行われるセビージャとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグ欠場が確定した。

そのほか、ラ・リーガ2試合だけでなく、10日に敵地で予定するパリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグも欠場することになってしまった。

ラス・パルマスから加入したペドリは今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督から大きな信頼を勝ち取っている選手の1人。ここまで公式戦37試合の出場で3得点4アシストの数字を収め、大きな飛躍を遂げている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング