吉田不出場のジェノヴァ・ダービーは譲らずドロー《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年3月4日 6時54分

写真:Getty Images

セリエA第25節、ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが3日に行われ、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。

前節はアタランタに力負けとなった10位サンプドリア(勝ち点30)と、インテルに力負けとなった13位ジェノア(勝ち点26))によるジェノヴァ・ダービー。

フラットな[4-4-2]で臨んだサンプドリアはクアリアレッラとケイタの2トップで臨み、[3-5-2]で臨んだジェノアはショムロドフとデストロの2トップで臨んだ。

試合は互角の攻防で推移し、互いにシュートチャンスを作らせない膠着状態で進んでいった。

結局、守備意識の高い両チームの意地がぶつかりあった前半はゴールレスで終えた。

迎えた後半、サンプドリアが前がかる入りを見せていたものの、ジェノアが53分に均衡を破る。ザッパコスタがDF2人をかわしてボックス左にうまく侵入。右足でゴール左を射抜いた。

攻め手がなくゴールに迫れないサンプドリアは71分、ガッビアディーニを投入。すると77分、カンドレーバの右CKからトネッリのヘディングシュートが決まり、サンプドリアが同点とした。

終盤にかけては互いに譲らず、今季の1stマッチ同様、譲らず1-1の引き分けに終わった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング