「毒を飲み込んで悪い夜を過ごす」大逆転を許したセビージャ、ロペテギ監督も落胆「残酷な部分を経験した」

超ワールドサッカー / 2021年3月4日 12時5分

写真:Getty Images

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、バルセロナ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。

セビージャは3日、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグでバルセロナと対戦。1stレグを2-0で勝利していたセビージャは、突破に向けて大きなアドバンテージを得ていた。

しかし、12分にウスマーヌ・デンベレに強烈なミドルシュートを決められると、その後は攻勢に出たセビージャ。しかし、後半は得点を許さずにそのまま試合終了かと思われた。

すると後半アディショナルタイムにジェラール・ピケにゴールを許して同点に追いつかれ延長戦に。延長戦ではマルティン・ブラースヴァイトにゴールを許し、2戦合計3-2で敗退となっていた。

決勝を目前にまさかの敗退となってしまったセビージャ。ロペテギ監督はリーグ戦に続いてのバルサ戦連敗を嘆くとともに、バルセロナにも退場者が出るべきだったと語った。

「我々がサッカーの最も残酷な部分を経験した試合だった。我々は1人少なくなったが、彼らも1人少なくなるはずだった。それは残念だ」

「我々に多くのことが起こり、ケガ人も出た、最初のシュートで失点したし、崩すことができなかった。勝ち抜けるチャンスもあった。実現しなかったのでガッカリしている」

また、71分にDFオスカル・ミンゲサがFWルーカス・オカンポスと交錯してPKとなったシーンの主審の判定についてコメントしている。

「もう少し言うと、このことを多く話すなら、何が起きてしまうかを理解しているだろう。ただ、ミンゲサの行動は正しくなかったと思う。明らかな得点チャンスだった。彼はそうみていなかったようだ」

最後に、試合後のロッカールームの様子について「ロッカールームは落胆していた。今日は毒を飲み込んで悪い夜を過ごす時だ」とコメント。逆転での敗退が響いていると語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング