日本北部のJ1クラブに? ブラジル2部でプレーするMFフォギーニョが移籍のため退団会見

超ワールドサッカー / 2021年3月6日 20時35分

写真:Getty Images

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のアヴァイに所属するMFフォギーニョ(28)がJリーグのクラブへ移籍するようだ。クラブが発表した。

フォギーニョは、今シーズンはセリエCのクリシューマでプレー。2020年12月にアヴァイへと完全移籍で加入した。

クリシューマではキャプテンを務め、リーグ戦で15試合に出場し1ゴールを記録。しかし、アヴァイ移籍後は1試合の出場に終わり、その他の試合はメンバー外となっていた。

そのフォギーニョは、クラブを通じて記者会見を5日に実施。チームからの退団を発表していた。

クラブ幹部のマルコ・アウレリオ氏は「フォギーニョの退団を発表します。威厳のあるやり方で、彼は我々をよく表現してくれた」とコメント。「彼には海外から、日本からオファーを受け、彼との契約では、海外からのオファーがあれば、契約を解除できる条項があった。彼はその権利を行使した」と語っている。

フォギーニョはアヴァイと2022年末まで契約を結んでいたが、契約条項により解除が実現。現時点で日本のクラブの名前は明かされていないが、北部の1部のクラブと公式サイトで明かしているが、ほとんど絞られているようなものだ。

フォギーニョはボランチを主戦場としており、これまでセリエBで42試合4ゴール1アシスト、セリエCで15試合1ゴールを記録していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング